韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  米、ロシア向け輸出統制対象から韓国を除外

米、ロシア向け輸出統制対象から韓国を除外

米国が、ロシア向け輸出統制のために出した「海外直接製品規則(FDPR)」の適用免除国に、韓国を含めることにした。半導体やコンピューターなど、米国のFDPRの適用を受ける製品は、今後、韓国企業がロシアに輸出する際、米政府ではなく韓国政府の許可を受ければよい。

産業通商資源部の呂翰九(ヨ・ハング)通商交渉本部長は3日(現地時間)、ワシントンで商務省やホワイトハウスの当局者らに会い、「FDPRの免除対象国に韓国を含めることで(米国側と)合意した」と明らかにした。米商務省は、今回の両国の合意を早ければ4日にも官報に掲載する。FDPRとは、米国の技術やソフトウェアを利用して作ったなら、米国ではなく他の国で生産した製品でも米国製とみなし、ロシアに輸出する際は米政府の許可を受けるようにした制裁措置だ。

米国が輸出を統制するFDPR適用の57品目をロシアに輸出するためには、政府の許可を受けなければならない。ただ、今回の免除措置で、統制の主体が米国から韓国政府に変わることになった。呂本部長は、「(免除対象国に含まれなければ)米国がすべての国に対して(統制を)行うため、いろいろな面で不確実であり、企業の立場では行政コストと時間も多くかかる」と説明した。

スポンサードリンク
韓国企業各社の混乱は続いている。すでにロシア航空や海運物流が滞り、事実上輸出の道がなくなったためだ。世界第1、第2位の船社であるMSCやマースクをはじめ、日本のONE、フランスのCMAやCGMなど、世界の主要船社は、ロシア入港を含めた全てのロシア向け海運業務を中止すると明らかにした。韓国最大手のコンテナ船社であるHMMも、ロシア路線の運航中止案を検討している。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20220305/3234067/1

2022-03-06-k002.jpg

産業通商資源部は4日「韓米間交渉で米国は韓国の対ロシア輸出の統制履行案が国際社会の水準とよく同調化したと評価し、韓国をロシア輸出統制関連FDPRの免除対象国に含むことで合意した」と明らかにした。産業部は「米国側は数日内に韓国をFDPR免除国リストに含む官報掲載などの措置を取る計画だと確認した」とし「政府は今回のFDPR免除決定とともに米国など国際社会と類似した水準の追加的な輸出統制措置に入る」と説明している。

FDPRは、米国国外にある外国企業が作った製品でも米国が統制の対象に決めた米国製ソフトウェアや技術を使った場合、米政府が輸出を禁止できるように定めた制裁条項となる。

関連記事

[ 2022年03月06日 07:37 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp