韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  国際 >  「ロシア、国家不渡りを憂慮」…S&Pが信用等級を8段階垂直引き下げ

「ロシア、国家不渡りを憂慮」…S&Pが信用等級を8段階垂直引き下げ

西側諸国の高強度制裁により、ロシア経済が尋常でない様相を示している。国際信用評価機関のスタンダードアンドプアーズ(S&P)が、ロシアの国家不渡りのリスクを憂慮して信用等級を大幅に降格した。

4日の「ブルームバーグ」の報道によると、S&Pは3日(現地時間)ロシアの国家信用等級を従来のBB+からCCC-に下方調整した。ロシアによるウクライナ侵攻の翌日である先月25日、ロシアの信用等級をBBB-からBB+に1段階引き下げたが、約一週間で再び8段階も引き下げた。 信用等級CCC-は、投資すれば元金と利子の償還可能性が疑わしいとされる段階だ。国家不渡りを意味する等級「D」より3段階上で、デフォルト(債務不履行)に近づいたという意味になる。また、S&Pはロシアの信用等級見通しも否定的とした。今後、さらに信用等級が下がる可能性があるという話だ。

他の国際信用評価機関もロシア経済に対する警告の強度を高めている。ムーディーズもこの日、ロシアの国家信用等級をBaaから投資不適格を意味するB3に6段階引き下げた。フィッチも2日(現地時間)、ロシアの国家信用等級を既存のBBBから投資不適格等級であるBに調整した。

スポンサードリンク
国際信用評価機関らは、西側の高強度制裁によりロシアの負債償還能力に問題が生じうるという立場だ。S&Pは「今回のロシア国家信用等級の降格は、デフォルトのリスクを実質的に高める可能性がある措置が施行されたことに伴うもの」としながら「西側の経済制裁とロシア当局がルーブル貨の価値保護を目的に実施する資本統制などの措置が、国家の負債償還能力を制限するおそれがある」と指摘した。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/42736.html

2022-03-01-k002.jpg

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、先月24日の開戦後、初めて公開演説を通じて自分が起こした戦争を正当化し、戦争を続けるという意向を表明した。ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、プーチン大統領に単独会談を提案し、屈服しないとした。

プーチン大統領は3日、テレビで中継された国家公安委員会の会議の開幕演説で「ウクライナでの軍事作戦は、計画通り進んでいる。すべての任務が成功裏に遂行されている」と述べ、ロシアがウクライナの「ネオナチ」らを根絶しており、ロシアとウクライナは一つの民族だという信念を決して放棄しないだろうとした。この戦争で決して退いたり容易に妥協しないという意向を表明したことになる。

この演説は、ロシア軍がウクライナ南部の拠点都市ヘルソンを占領した後に行われた。開戦8日後に意味ある軍事的な成果をおさめた後、全世界的な非難にもかかわらず、自ら下した決定を正当化しに出た。

関連記事

[ 2022年03月07日 07:55 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp