韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  ウクライナ戦争で韓国経済がスローフレーション進入の可能性

ウクライナ戦争で韓国経済がスローフレーション進入の可能性

ロシアのウクライナ侵攻によって、韓国経済が低成長と高物価が同時に現れるいわゆる「スローフレーション(Slowflation)」に入り込む可能性が高まった。 6日に発表された報告書「ロシア-ウクライナ戦争発スローフレーションの可能性が次第に高まる」で、韓国のシンクタンク「現代経済研究院」は未来景気方向を予告する先行指数循環変動値が7カ月連続で下落を示していて、景気下降に対する懸念が高まっていると明らかにした。

報告書によると、先行指数循環変動値は昨年6月101.8ポイントをピークに7カ月連続で下落し、今年1月に100.1ポイントを記録した。先行指数は今後3~6カ月程度の景気の流れを予想できる数値として使われるが、下落が数カ月間続いている点で景気鈍化の可能性が高まっている。先月の国内消費者物価が前年同月比3.7%上昇するなど高物価現象も現れている。

現代経済研究院はロシアのウクライナ侵攻に伴う西側の経済制裁などで国際交易が萎縮し、原材料価格の急騰傾向が持続すると予想した。これに伴い、韓国の輸出景気が下降して経常収支が悪化する可能性があるとみている。あわせて国内物価が上昇圧力を受けて消費・投資心理を萎縮させ、内需市場が沈滞する可能性もあると懸念した。

スポンサードリンク
報告書で研究院は「今後、韓国経済がスローフレーションの局面に入る可能性を排除し難い」とした。スローフレーションは景気の回復速度が鈍化する状況の中にも物価上昇が現れることを意味する用語だ。スタグフレーションと似ているが、景気下降の強度がやや弱い時に使われる。

オミクロン株の拡散も韓国経済のリスク要因に挙げられた。研究院は「オミクロン大流行のピークは3月初・中旬と予測されているので、安定化段階に入る時期は4月末以降になる可能性が高そうだ」としながら「当面は感染者が多く内需市場の回復が遅れる場合がある」と懸念した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/0d6cad2549d4c5c4147bb3e3e8983c12d6865368

2022-03-08-k001.jpg

韓国経済をめぐる悪材料が低成長・高物価を強化させた場合、4-6月期には景気低迷に陥りかねないという懸念が出ている。 ロシア・ウクライナ戦争が高物価と輸出悪化など成長鈍化を刺激し、オミクロン拡散が消費を萎縮させる懸念が大きくなっている。現代経済研究院は、報告書で、第2四半期(4-6月)は第1四半期(1-3月)に比べ景気が改善する可能性が高いとみられるが、ロシア・ウクライナ戦争、国内物価不安、オミクロン大流行の終息時期の遅延などの下方リスク要因で、景気鈍化または再低迷する可能性を指摘している。

第1四半期現在、韓国経済はオミクロン大流行とインフレーションの影響で全般的な景気回復鈍化局面に位置しており、実質購買力が減少し、民間消費が萎縮しているが、それでも輸出景気が回復傾向を持続している。 景気動向指数循環変動値は1月102.4ポイントで4か月連続上昇しているが、未来の景気方向を示す景気先行指数循環変動値は7か月連続下落傾向が続いている。ロシア・ウクライナ戦争、オミクロン拡散など、景気を萎縮させながら、物価を継続して高める各種悪材料要因が散在している。

西側諸国とロシア間の制裁と正面対決にグローバル貿易が萎縮し、輸出景気が下降し、原材料価格が急騰する可能性が提起されている。 原材料価格の上昇のほか、国内物価の上昇を刺激する要因も増えており、 2月の消費者物価上昇率が3.7%を記録、5か月連続3%台を記録している。 特に、農産物や石油類を除いたコア物価は3.2%上昇した。 韓国のインフレ構造が費用牽引インフレーションから需要牽引インフレーションに転換し、今後のエンデミックによる市場需要急増と財政急膨張による流動性効果が同時に作用する場合、高物価が相当期間長期化する可能性を憂慮せざるを得ない。

関連記事

[ 2022年03月08日 07:57 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp