韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  国際 >  外貨準備高60%失ったロシアの選択は?

外貨準備高60%失ったロシアの選択は?

ウクライナ侵攻を強行したロシアに対して、西側諸国は前例のない金融制裁を続けている。特に、ロシアの中央銀行が西側諸国の中央銀行や商業銀行に預けておいた外貨準備を凍結した措置が、破壊的な効果を発揮している。ロシアが近いうちにデフォルト(債務不履行)宣言に乗り出す可能性があるとみられる背景も、手足を縛られたロシア中央銀行の事情と無関係ではない。

しかし、ロシアと西側諸国との力比べが、短期間で終わらない可能性もあるという見通しも示されている。ロシアがデフォルトに伴う困難に耐え抜き、長期戦に入ることも考えられるからだ。この過程で西側諸国はもちろん、韓国までも金融市場を媒介として「ウクライナ事態」の影響圏内に入る可能性がある。西側諸国が国際金融取引からロシアの主要金融機関を締め出す措置を取った後、ルーブルが暴落するなど、ロシアの金融市場は深刻な混乱に陥った。特に先月28日、西側銀行に預けておいたロシア中央銀行の資産凍結措置は、金融市場の混乱を収拾する防御力を奪う効果を生み出している。

ロシア中央銀行の外貨資産運用方式を見ると、その理由がわかる。英国のフィナンシャル・タイムズ(FT)に4日付で掲載された米スタンフォード大学のフーバー研究所の分析によると、ロシア中央銀行は外貨準備高(約6430億ドル、1月基準で世界4位)の60%を西欧諸国の中央銀行(2850億ドル)や商業銀行(1030億ドル)などに証券や預金の形で運用している。西側諸国がロシア中央銀行の保有資産に対する凍結措置を下したため、ロシアとしては外貨準備の半分以上を使えなくなった模様だ。

スポンサードリンク
残りの40%ほどの外貨準備も直ちに使えるかどうかは不透明だ。ロシアが西側諸国の中央・商業銀行に預けていない外貨準備額は、金1350億ドル、中国人民元証券840億ドル、国際通貨基金(IMF)ポジション(IMF加盟国が IMFから無条件で資金を引出せる限度額)50億ドル、現金300億ドルなど。フィナンシャル・タイムズは「IMFポジションには手を付けられず、金と人民元の取引も西側諸国の制裁の中では自由に活用できない」と分析した。

経済戦争で西側諸国が勝機をつかんだとしても、今回の事態が早期に終息するとは限らない。ロシアがデフォルト宣言後、天然ガスなどのエネルギーや穀物資源を武器化し、長期戦に乗り出す可能性もあるからだ。この過程で、非常に素早く結集した西側諸国に亀裂が起こることも考えられる。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/42765.html

2022-03-01-k005.jpg

ロシア中銀はGDPの4割にも相当する約6,300億ドル(2021年末)の外貨準備を持っている。これは、世界で5番目の規模だ。ロシアはその経済規模では世界の11番目であるが、経済規模に比べて外貨準備が大きい。クリミアを併合した2014年から、資源輸出などで稼いだ外貨を積み上げ、ロシアは外貨準備を1.6倍に増やした。SWIFT制裁など先進国から金融制裁を受けることなどを当時から予見していたとみる。

ところが、主要国の中銀によって外貨準備を凍結されることは、予想していなかったのかもしれない。2021年6月時点で、ロシアの外貨準備の内訳をみると、ユーロが32.3%、ドルが16.4%、英ポンドが6.5%である。円は2%程度と推測される。それ以外は、金の21.7%、中国人民元の13.1%などである。先進国で外貨準備を凍結されたことで、全体の57%程度の外貨準備を、ロシアは一気に失ったことになる。

これは、ルーブルの信頼性を大きく落とすものだ。ロシア中央銀行が主要通貨を売ってルーブルを買い支えることができなくなる。実際、2月28日のルーブルは、対ドルで一時3割近くも下落した。さらに今後期限を迎える対外債務(合計600億ドル程度)の返済が外貨不足でできなくなり、ロシアがデフォルト(債務不履行)に陥る可能性が高まる。

関連記事

[ 2022年03月08日 08:12 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp