韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国政治 >  韓国、5年ぶりに政権交代…保守野党の尹錫悦氏、第20代大統領当選確定

韓国、5年ぶりに政権交代…保守野党の尹錫悦氏、第20代大統領当選確定

第20代大韓民国大統領に野党「国民の力」の尹錫悦(ユン・ソクヨル)候補が当選した。 尹氏は10日午前4時40分現在(開票率99.2%)、有効得票の48.6%の1627万票を得て、47.8%を得票した与党「共に民主党」の李在明(イ・ジェミョン)候補(1601万票)を0.8ポイント差でリードし、当選が確定した。正義党の沈相ジョン(シム・サンジョン)候補は2.3%を得票した。

尹候補は当選が確定した後、ソウル汝矣島(ヨイド)の国会図書館に設けられた選挙状況室を訪れ、「今日のこの結果は偉大な国民の勝利だ」と述べた。 今回の大統領選は、1、2位候補の票差が最も少ない選挙に記録される見通しだ。これまで候補間の格差が最も小さかった選挙は1997年の第15代大統領選で、候補間の票差は39万557票、得票率の差は1.53%だった。今回の大統領選で尹候補と李候補の票差は約25万票にすぎなかった。開票序盤、李候補がリードしていたが、開票率半分を超えた10日午前0時30分頃、尹候補が李候補を初めて追い越し、最後まで優位を維持した。

今回の大統領選は、いずれの候補も勝利を確約できない超接戦の勢いが最後まで続いた。いつになく両者の支持が拮抗していた背景には、保守・進歩陣営の激しい対立の様相があった。選挙運動期間中、陣営、世代、性別など多層的な対立の様相が現われ、溝が深まった。

スポンサードリンク
尹氏の最優先課題も、分裂した国を一つにまとめる「国民統合」になるものとみられる。尹氏が本投票日を6日後に控えた今月3日、「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)代表と候補一本化に成功し、「野党候補一本化」で最終舞台に上がったにもかかわらず、ぎりぎりの票差で勝利を収めた点は、依然として民意がはっきりとどちらか一方の手を上げてはいなかったことを意味する。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/42791.html

2022-03-10-k001.jpg

共同通信は、尹氏が不動産価格の急騰などで文在寅政権に失望した有権者の支持を集めて当選したと分析した。また尹氏が文政権の北朝鮮に対する宥和政策を強く批判し、日米との連携強化を図ろうとしている点に言及した。極右志向の産経新聞も、尹氏が就任後には韓日関係の修復と韓日米安保協力の強化を図ると発言していたことを紹介している。産経は尹氏が文政権の北朝鮮に対する宥和政策の見直しを明言していることから、尹氏の当選が北朝鮮の核・ミサイル問題に関する国際社会の協調態勢にも大きな影響を及ぼすだろうとした。

2022-03-10-k002.jpg

尹氏は午前4時すぎ、党庁舎で「偉大な国民の勝利だ。競争が終わり、皆が力を合わせて国民と大韓民国のために一つにならなければならない」と勝利宣言した。李氏は記者会見し「最善を尽くしたが期待に応えられなかった。尹候補にお祝いを申し上げる」と敗北を認めた。尹氏は21年3月まで検察総長を務めた。政治経験はないが、検察改革を進めた文政権の法相と激しく対立した経緯から「反・文政権」の象徴として、保守陣営の期待を集めた。約2カ月の政権移行期間を経て、5月10日に大統領に就任する。

関連記事

[ 2022年03月10日 08:04 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
野党候補の尹錫悦氏が当選したことで、市場は落ち着きを取り戻し、うぉんと株がやや買われました。
与党候補の李在明氏が当選していたら、ちょっと怖いことになっていたでしょう。
ただし、尹氏の政治手腕は韓国にとっても未知数です。
私見ですが、自分なら選挙戦前に韓国から撤退しますね。
[ 2022/03/10 16:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp