韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  ロシア、ウクライナに外国人戦闘員送るか…「中東出身1万6千人が志願」

ロシア、ウクライナに外国人戦闘員送るか…「中東出身1万6千人が志願」

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が、ウクライナに中東出身などの外国人戦闘員を送ることを受けいれる考えを明らかにした。
ロシアのプーチン大統領が11日(現地時間)に行われた国家公安委員会でこのような考えを示したと、ロシアの「RIAノーボスチ」通信などが報じた。

その席でロシアのセルゲイ・ショイグ国防相は、ウクライナ政府が自国の軍人とともに戦う外国人志願兵を募集している事実に言及し、ロシア側にも似た動きがあると述べた。ショイグ国防相は、中東出身の1万6000人を含む多くの志願兵がウクライナ東部のドンバス地域のドネツク(現地読みドネツィク)とルガンスク(現地読みルハンシク)の住民を助けようとしているとも述べた。

プーチン大統領は「金ではなく自分の意思によりドンバス地域の住民を助けようとする人々がいるのであれば、私たちは彼らを紛争地域で手助けする必要がある」と述べた。親ロシア反乱軍がウクライナ政府軍と戦闘しているドンバス地域などに、中東地域出身の戦闘要員を送ることが可能だという意味だ。 

スポンサードリンク
最近、米国「ウォールストリート・ジャーナル」などは、ロシアが、戦争の舞台がしだいに大都市の奥にまで広がるにつれて、市街戦の経験が豊富なシリア出身などの傭兵の募集を考えていると報道したことがある。ロシアのドミトリー・ペスコフ大統領府報道官は、ショイグ国防相が言及したウクライナで戦うことを志願した外国人の「大部分は中東国家の市民やシリア人」だと明らかにした。

プーチン大統領は、「西側の協力者」が傭兵の募集を隠していないとし、「彼らはすべての形態の国際法を無視し、公開の場でそのようなことを行っている」とも主張した。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/42816.html

2022-03-08-k002.jpg

ロシアのプーチン大統領が11日午後、安全保障に関する会議のなかでウクライナ軍と戦う戦闘員を国内外を問わずに募集すると発言した。戦闘地域で活動するロシア軍を支援するためだとしている。 ショイグ国防相は、「中東地域から1万6000人の志願兵が戦う意思を示している」と語ったという。 戦闘が長引くなか、ロシア側の兵力が不足している可能性がある。ロシアはこれまでに市街戦の経験が豊富とされるシリア兵を募集していたという。

一方、ウクライナ国民の9割がロシアによる侵攻を撃退できると考えていることが、11日に発表された世論調査であきらかになった。ウクライナの世論調査機関レーティング(Rating)は8~9日にかけて、親ロシア派武装勢力の支配下にある東部ドンバス(Donbas)地方とロシアに併合されたクリミア(Crimea)半島を除いたウクライナ全土を対象に、1200人に世論調査を実施。回答者の92%はロシアを撃退できるとし、6%は撃退できないと答えた。

80%が、何らかの形で国家防衛に貢献していると回答。39%が「ボランティア」として軍や市民を支援していると答え、37%は金銭的な貢献をしていると答えた。

関連記事

[ 2022年03月12日 07:43 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(1)
戦争長期化
ロシアは兵隊が足りなくて、戦争が長期化している、ということ。
シリア兵を雇い入れたら、対抗してトルコが出てくる。。
[ 2022/03/12 11:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp