韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国政治 >  岸田首相と電話会談、中国大使と面会…尹氏、当選2日目にして活発な外交活動

岸田首相と電話会談、中国大使と面会…尹氏、当選2日目にして活発な外交活動

韓国の次期大統領に決まった尹錫悦(ユン・ソクヨル)氏が11日、日本の岸田文雄首相と電話会談を行ったのに続き、駐韓米国大使代理や駐韓中国大使と相次いで面会した。大統領選での候補時代、米国との同盟強化を最優先課題に挙げた尹氏は同日、韓米同盟を重ねて強調し、岸田首相との電話会談では日本との関係改善の意志を明らかにした。

尹氏は同日午後、ソウル汝矣島(ヨイド)の党本部でクリストファー・デル・コルソ駐韓米国大使代理に会い、「韓国の唯一の同盟国は米国だ。互いの安全保障を血で守ると約束した国であり、それにふさわしい関係を築かなければならない」と述べた。さらに「経済や気候協力、保健医療、先端技術などすべての議題を韓米間の血盟を基に包括的に発展させていかなければならない」と強調した。尹氏はこれまで、文在寅(ムン・ジェイン)政権の外交政策が反米・親中基調であるうえ、北朝鮮には屈従的な態度を取ったことで、韓米同盟の弱体化を招いたと主張してきた。氏は「弱体化した連合防衛態勢を再建し、北朝鮮の核問題に対する韓米の拡大抑止を強化する」方針を明らかにしてきた。

デル・コルソ大使代理は韓米日三角協力を念頭に置いたかのように、韓日両国の関係改善にも言及した。「ホワイトハウスで公開したインド太平洋戦略をみればわかると思うが、適切な時期、適切な方式による韓日関係の改善の重要性についても言及されている」と述べた。

スポンサードリンク
尹氏も午前、岸田首相との電話会談で韓日協力体制を重ねて強調し、日本との関係改善の意志も明確にした。氏は「韓国と日本両国は北東アジア安保と経済繁栄など今後力を合わせなければならない将来の課題が多い。両国友好協力の増進のため共に協力していこう」としたうえで、「両国の懸案を合理的に、相互共同利益に合致する方向で解決していくことが重要だ」と述べた。さらに「就任後、韓米日3カ国が朝鮮半島問題に関連した協力をさらに強化していくことを期待する」と付け加えた。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/42812.html

2022-03-12-k002.jpg

岸田総理大臣は、韓国の新しい大統領に決まったユン・ソギョル(尹錫悦)氏と電話で会談し、冷え込んだ日韓関係の改善に向けて、協力していく方針で一致した。また北朝鮮の核・ミサイル問題や拉致問題で緊密に連携していく方針を確認した。この中で岸田総理大臣は、ユン・ソギョル氏に大統領選挙当選の祝意を伝えたうえで、「日韓はお互い重要な隣国であり、国際社会が時代を画するような大きな変化に直面する中、健全な日韓関係は、ルールに基づく国際秩序を守り、地域や世界の平和、安定、繁栄を確保する上で不可欠であり、さらには日米韓3か国の連携が重要だ」と指摘した。

そのうえで「1965年の国交正常化以来築いてきた日韓の友好協力関係を基盤としながら、日韓関係を発展させていく必要があり、ぜひ、ユン次期大統領のリーダーシップに期待する。日韓関係改善のためにともに協力していきたい」と述べた。これに対し、ユン氏は「日韓関係を重視しており、関係改善に向けてともに協力していきたい」と述べたという。

関連記事

[ 2022年03月12日 08:12 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp