韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  国際 >  米「ロシア軍、キエフから14キロまで接近」…軍車両の隊列が分散し再配置

米「ロシア軍、キエフから14キロまで接近」…軍車両の隊列が分散し再配置

米国防総省高官は10日(米東部時間)、ロシア軍がウクライナの首都キエフから約14キロメートルの位置にまで接近したと明らかにした。 米国防総省高官はこの日、キエフの北側に停滞していたロシア軍車両の隊列が過去数日に比べさらに約5キロ移動し、キエフの中心部から14キロの位置まで接近したと述べたと「ワシントン・ポスト」が報じた。米高官は「ロシア軍は諸方面からキエフに進撃している」とし、「これはキエフを包囲しようという意図だと判断する」と述べた。

米国防総省高官はまた、ロシアがこれまで突き当たっていた燃料・食糧などの兵站問題に適応し、克服するとみているとし、「ロシアが軍用機と移動式ミサイル発射台からの長距離射撃、爆撃、ミサイル発射を増やしている」という点でこれが分かると述べた。

これと関連し、民間企業のマクサー・テクノロジーズは同日撮影された衛星写真を根拠に、キエフ北西の外郭にとどまっていたロシア軍の行列が分散し再配置されたとみられると明らかにした。ロシア軍機甲部隊がアントノフ空港周辺の都市内外で動いているのが捉えられており、ルビャンカでは牽引砲を発射態勢にした状態でロシア軍の装備が3列に配置されている。衛星写真はまた、キエフの北西に位置するボロディアンカのアパートが破壊されるなど、キエフ郊外の地域がロシア軍の攻撃を受けた様子を示している。

スポンサードリンク
ただ、ロシア軍がキエフなどの主要都市を掌握するまでには時間がかかるという観測が出ている。英国防省はツイッターで「ウクライナの強力な抵抗により、ロシア軍は主要都市を包囲するため配置兵力の投入を増やしている」とし「これによってロシア軍の進撃はさらに遅くなるだろう」と述べた。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/42818.html

2022-03-13-k001.jpg

アメリカ国防総省の高官は11日、記者団に対し、ウクライナの首都キエフに向けて進んでいるロシア軍の部隊が中心部からおよそ15キロの位置にまで近づいたのに続いて、北東方向から進む別の部隊もおよそ20キロから30キロの位置にまで近づいたと明らかにした。アメリカ国防総省はロシア軍がキエフを包囲しようと主に3方向から部隊を前進させているとしている。

キエフの北東方向から進む部隊はこれまで中心部からおよそ40キロの位置にいることが確認されたが、この1日でおよそ10キロから20キロの距離を移動したことになる。また、ロシア軍はウクライナ国内に投入した戦力のうち今もおよそ90%を戦闘可能な状態で維持していると見込まれると指摘した。これに対し、ウクライナ側も90%以上の戦力を維持しているとしながらも、ロシア側が戦力で優位に立っているという認識を示した。

関連記事

[ 2022年03月13日 07:33 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp