韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  国際 >  ロシア軍、キエフ包囲へ…残酷な首都攻防戦「目前」

ロシア軍、キエフ包囲へ…残酷な首都攻防戦「目前」

開戦17日目の12日(現地時間)、ロシア軍がウクライナのキエフ(現地読みキーウ)近郊の都市を順に攻略し、ウォロディミル・ゼレンスキー政権に対する総攻勢を目前にしている。ウクライナ軍はキエフの各所を要塞化し市街戦に備えるなど、決死の抗戦の意志を曲げていない。

AP通信やAFP通信などの主要な外信はこの日、キエフ近郊都市のバシリキーウ、イルピン、ブチャなどが、ロシア軍の無差別爆撃により大きな被害を受けたと報じた。キエフ南方の小都市バシリキーウでは、ロシア軍の爆撃によりウクライナ空軍の基地が破壊され、燃料貯蔵庫が火に包まれた。首都から北西に20キロメートルほど離れたイルピンでは、市街地に進入したロシア軍をウクライナ軍が追い出す過程で、壮絶な戦闘が続いた。道路の各所で銃撃戦が行われ、破壊された車両や遺体が散乱していると報じられた。住民のセルヒー・プロツェンコさんは「朝起きた時、すべてが煙に包まれていた。私たちは誰がどこで銃を撃っているのかもわからなかった」と語った。

ウクライナ政府は、攻撃にさらされている住民をキエフに連れ出すために全力をつくしているが、順調に進んでいないものとみられる。キエフ北東20キロメートルの地点に位置するペレモハから避難していた住民の車がロシア軍に爆撃され、子供1人を含む民間人7人が死亡した。車は再びペレモハに戻った。

スポンサードリンク
ロシア軍はキエフ近郊の都市に対する攻勢を強化しており、近くキエフに対する総攻撃が行われるものと予想される。英国国防省は、ロシア軍の主力がキエフから北西に約25キロメートル離れた地点にまで接近していることを把握したとし、一時は長く並んでいたロシア軍が周辺の森や村などに分散配置されたとみて、まもなく包囲作戦が始まると予想した。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/42829.html

2022-03-14-k001.jpg

アメリカの政策研究機関は11日、ロシア軍がウクライナの首都キエフを包囲するため、新たな作戦の準備に入っているとの分析結果を発表した。アメリカの政策研究機関「戦争研究所」の分析によると、ロシア軍は8日から10日にかけて、キエフを包囲するための攻撃に失敗し、11日から新たな作戦に向けた準備を進めるため、補給や部隊の再編成を行っているとした。

キエフ周辺の戦闘は膠着しているとする一方、「ロシアが占領を諦める可能性は極めて低い」とも指摘している。また、ロシアが戦力を増強するために、シリア人の傭兵部隊を近く派遣する可能性があるほか、ロシアがベラルーシに対して、ウクライナに軍事侵攻するように圧力をかけているとした。

ウクライナへの軍事侵攻を続けるロシア軍について、アメリカ国防総省の高官は、首都キエフを包囲しようと、主に3方向から部隊を前進させていると伝えている。ロシア軍はキエフの包囲に加わる軍の増強を進めることなどで、ウクライナ側の戦意をそぐねらいがあるものとみられ、さらなる戦闘の激化も予想される。

関連記事

[ 2022年03月14日 07:46 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp