韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ウクライナ侵攻受けチェルシーのスポンサー契約停止した現代自動車

ウクライナ侵攻受けチェルシーのスポンサー契約停止した現代自動車

現代自動車が英プレミアリーグのチェルシーとのスポンサー契約を一時停止し、ロシア制裁の動きに加わった。しかし、現代自動車は世界の自働車メーカーがロシアを糾弾し、現地市場から手を引いている中でも、ロシア工場についてはこれといった立場を示していない。

ロイター通信など海外メディアによると、現代自動車欧州法人は12日(現地時間)、声明書を発表し、「今後告知があるまでクラブ(チェルシー)とのコミュニケーションとマーケティング活動を暫く中止するという決定を下した」と発表した。現代自動車は2018年6月、チェルシーとスポンサー契約を交わした。選手団のユニホームの袖や競技場内の広告看板に会社のロゴを提出する一方、チェルシーと共に幼少年サッカーキャンプを開催するなど、マーケティングにも積極的に活用している。現代自動車の年間スポンサー契約金額は1千万ポンド(約160億ウォン)と知られている。

現代自動車がチェルシーへのスポンサー契約を一時停止したのは、ロシアのウクライナ侵攻のためだ。英国政府は10日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の側近とされるチェルシーのオーナー、ロマン・アブラモビッチ氏を制裁リストに加えた。さらに、プレミアリーグは彼のディレクター資格を剥奪すると発表し、現代自動車もスポンサー契約の一時停止の決定を下した。

スポンサードリンク
現代自動車は英国で積極的な対応に乗り出す一方、ロシア市場では目立った動きを見せていない。世界の自動車業界がロシア市場から手を引き始めたのとは対照をなしている。フォードは、ロシア内での合弁会社の運営を中止することにしており、GMやボルボ、トヨタ、マツダなどは輸出中止を宣言した。

現代自動車がほかの自働車メーカーのように直接的な行動に出られないのは、ロシア内需市場で占める割合が大きいからだ。昨年、起亜自動車と現代自動車はロシア市場でそれぞれ20万5801台、17万1811台を販売し、ロシア独自のブランドの「ラーダ」に続き2位と3位を占めた。現代自動車と起亜自動車を合わせるとシェアは約23%に達する。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/42826.html

2022-03-14-k003.jpg

イングランド・プレミアリーグ、チェルシーのスポンサーを務める韓国の現代自動車がクラブとの契約を一時停止したと英紙「デイリー・メール」が12日付で報じた。チェルシーのオーナーでロシア人のロマン・アブラモビッチ氏がウクライナに侵攻したロシアへの経済制裁の対象となり、英政府から資産凍結や英国の個人、企業との取引禁止などの制裁を科された。10日には英通信会社「Three(スリー)」が、チェルシーに対してユニホームの胸部分やスタジアム周辺に掲出されているロゴの削除を含めたスポンサー契約の一時停止を発表していた。

2018年から4年契約でユニホームの袖スポンサーを務める現代自動車は、4000万ポンド(約61億円)の契約が中断され、チェルシーがさらなる窮地に追い込まれた。現代自動車は「長年にわたってフットボールで最も強力なパートナーの一つであり、同社はこのスポーツの発展をしてきた。現在の状況を踏まえ、さらなる通告があるまで、クラブとのマーケティング及びコミュニケーション活動を停止すると決定したとの声明を発表した。

関連記事

[ 2022年03月14日 07:57 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp