韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  国際 >  デルタとオミクロンが混ざった“デルタクロン”出現

デルタとオミクロンが混ざった“デルタクロン”出現

新型コロナウイルスの代表的変異株であるデルタとオミクロンの遺伝子が合わさった、いわゆる「デルタクロン」変異株が確認された。 ロイター通信は12日、デルタとオミクロンの遺伝子が合わさった新たな新型コロナ変異株「デルタクロン」に感染した患者が、米国とヨーロッパで10日までに少なくとも17人確認されたと伝えた。

IHU地中海感染研究所のフィリップ・コルソン首席研究員が率いる研究チームは8日、新型コロナのデルタ変異株の本体にオミクロン変異株の蛋白質突起が結びついたい、わゆる「デルタクロン」新変異株に感染した患者をフランスで発見したと報告した。コルソン研究員は、この変異株に感染した事例がきわめて少なく、デルタクロンが感染力が高いのか、症状が重いのかを判断するには時期尚早と評価した。米国でも最近2件の感染事例が発見され、ヨーロッパでも1月以後12件の事例が発見されたとの報告があると<ロイター>は伝えた。

専門家たちは、新しい変異株が大きな問題を起こす可能性は低いと見ている。少なくとも1月にはこの変異株が存在するという事実が確認されたが、感染事例がきわめて少なく拡散能力が低いと見られるためだ。

スポンサードリンク
研究者たちは、デルタクロン変異株の蛋白質突起遺伝子がオミクロン由来なので、感染またはワクチン接種を通じてオミクロン変異株に対する抗体を保有する人々は、デルタクロンに対しても保護能力を持っていると見ている。オミクロンの蛋白質突起は、感染者に重い症状を起こさないので、デルタクロンも同様だと推定される。オミクロンの蛋白質突起は、鼻や喉などの呼吸器官上部に容易に影響を及ぼすが、肺の奥深いところへはうまく浸透できない。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/42820.html

2022-03-14-k005.jpg

オミクロン株より毒性の強いデルタ株の変異株が、デンマークで発生している。 また東大先端科学技術研究センターの児玉龍彦名誉教授がアドバイザーを務める「新型コロナウィルス抗体測定協議会」のリポートによると、昨年12月中旬から東京を中心に発見されているという。感染力や重症化率などはまだ不明だが、協議会は〈懸念すべき状況〉と警鐘を鳴らしている。

デンマークの「国家血清研究所」の研究者、アンダース・フォムスガード氏は、従来のオミクロン株に感染した人が亜種に再感染する恐れがあると指摘、感染拡大のピークが2回ある可能性に触れている。デンマークのみならず米国やフランス、インドなどで感染例が確認され、日本でも27例見つかっている。京都大の西浦博教授(感染症疫学)の分析によると、従来のオミクロン株より感染力が18%高いという。

関連記事

[ 2022年03月14日 08:09 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp