韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  出荷量減り収益性悪化した現代自動車…「ロシア損切り」でジレンマ

出荷量減り収益性悪化した現代自動車…「ロシア損切り」でジレンマ

現代(ヒョンデ)自動車ロシア生産法人の自動車出荷台数が急減したことがわかった。ルーブル急落で収益性の悪化も懸念される。ロシアのウクライナ侵攻で韓国の自動車が打撃を受ける様相だ。

現代自動車が13日に明らかにしたところによると、現代自動車ロシア生産法人の先月の自動車出荷台数が1万7402台で、前年同期の2万1004台より17.1%減少した。現代自動車サンクトペテルブルク工場では現地販売1~2位を争う起亜「リオ」と現代自動車「ソラリス」「クレタ」などを生産している。 今月は実績がさらに悪化するものとみられる。現地では1日から工場が停止した状態だ。自動車業界は現代自動車がひとまず今月末までロシア工場の運営を中断することにしたものと観測している。現代自動車関係者はこれに対し「半導体・原材料需給が円滑でなくロシア工場の稼動を中断した状況。再稼働の時期はわからない」と話した。

西側の制裁によりロシアはサプライチェーン混乱、内需萎縮が本格化している。自動車市場もやはり大きな打撃を受けるものとみられる。韓国自動車産業協会(KAMA)によると、今年のロシアの自動車需要は昨年より29%減少する見通しだ。この場合、現代自動車は6万2000台、起亜7万台の販売減少が予想される。

スポンサードリンク
ルーブルの価値が急落し収益性の悪化も避けられない。現在ルーブルの価値は1ドル=155ルーブル水準で、戦争前の70~80ルーブルから90%ほど下落した。部品などをドルで決済・輸入する自動車メーカーの立場ではロシアでルーブル建てで車を売れば売るほど収益性が悪化するという意味だ。

現代自動車の立場ではそれでも手を引くこともできないジレンマに陥っている。韓国自動車研究院のイ・ハング研究委員は「世界の自動車メーカーがロシアから撤退する状況で現代自動車だけ残るならば為替差損だけでなく国際信頼度に問題が生じかねない。それでもロシア市場を離れればロシアと友好的関係を維持している中国車が現代自動車を代替するかもしれない」と話す。
https://japanese.joins.com/JArticle/288745?servcode=300§code=320

2022-03-14-k002.jpg

現代自動車は英国で積極的な対応に乗り出す一方、ロシア市場では目立った動きを見せていない。世界の自動車業界がロシア市場から手を引き始めたのとは対照的だ。現代自動車がほかの自働車メーカーのように直接的な行動に出られないのは、ロシア内需市場で占める割合が大きく、現代自動車がこれまでロシア市場の拡大に向けて力を入れてきた背景がある。

そんな中で、現代自動車は1日からサンクトペテルブルク工場の稼動を中止した。再稼働の時期はまだ決まっていない。現代自動車側は、稼動中止の公式的な理由として、物流難による自動車部品の需給困難を挙げているが、国際協力の流れにある程度加わるための動きとみる。

関連記事

[ 2022年03月14日 08:32 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp