韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国政治 >  冷たい現実の前に立った尹錫悦次期大統領

冷たい現実の前に立った尹錫悦次期大統領

次期大統領に当選した尹錫悦(ユン・ソクヨル)氏は13日、国民の党のアン・チョルス代表を引き継ぎ委員長に任命した。「共同政府」を約束した人々のコラボレーションが意外な成果を上げるなら、それより望ましいことはない。

しかし尹氏は、冷徹な政治の現実へと、まさに足を踏み入れたに過ぎない。同氏は3・9大統領選挙で48.6%の票を得た。決選投票のない選挙では、1票でも多く獲得すれば大統領になれる。しかし0.73ポイント、24万7077票という差、「ぎりぎり」での当選だった。棄権票まで含めて実に63%の有権者が彼を支持しなかった。 さらに、172議席を持つ共に民主党の協力がなければ、成功した大統領になることは不可能に近い。国民の力の110議席に国民の党の3議席を加えても、処理できる法案はない。尹氏は、このような事実をまず認めて始めなければ成功はできない。

国民の力の中には、5月10日の大統領就任後、6月1日の地方選挙で圧勝し、その力をもってすれば2024年4月の総選挙まで持ちこたえられると計算する人もいる。しかし2年は長い。5年単任の大統領は、任期序盤の力のある時期に成果を出さなければならない。1987年の大統領直選制改憲以降、文在寅(ムン・ジェイン)大統領に至る7人のすべての大統領で、就任式後の時間の流れと国政掌握力は反比例曲線を描いた。

スポンサードリンク
現実政治と国政全般に精通していた金大中(キム・デジュン)元大統領さえ、少数与党の限界に苦戦した。保守本流のキム・ジョンピル、パク・テジュンの自民連と連合して政権を獲得し、彼らを首相に起用してなんとか政府を率いたものの、DJP連合の崩壊後は悪戦苦闘を繰り返した。今月10日、尹氏は「民主国家において少数与党は非常に自然なことで、少数与党は民主主義が一段と成熟する機会だと思う」と述べた。幸いな認識だ。選挙過程では「私も民主党の顔色をうかがわなければならない」と述べている。
http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/42837.html

2022-03-15-k002.jpg

第20代大統領に、尹錫悦(ユン・ソギュル)氏が当選した。これに対する周辺国の反応が歴然としている。米国は、米国・日本・インド・オーストラリア4カ国の安保体制「クアッド」協力に韓国が踏み切ることを期待、これに対し中国は、反中的な大統領の誕生を懸念、そして北朝鮮は、軍事衝突と戦争しかないと威嚇した。

最近のウクライナ情勢を見れば、無防備な国防体制がいかに危険なものかを韓国国民は理解もしているだろう。韓国国民は自国に危険が迫っていると思おうとはせず、それゆえに北朝鮮に対する姿勢は甘かった。だが、その現状認識は決して客観的分析に基づくものではなく、思い込みによる要素が強い。

したがって尹錫悦政権の発足後は、韓国国民が今の東アジアの地政学を客観的に理解することを期待するとともに、日米が尹錫悦政権と同向き合うかは重要となる。北朝鮮の最近の核ミサイルへのこだわりは韓国を狙ったものであるとみるべきだろう。また、中国との関係では、今のロシアを事実上支援し、ロシアに対する経済制裁の効果を弱めているのが中国であり、それは中国が台湾に侵攻した場合、ロシアの支持を期待してのことである。

中国の韓国を見る視線は冷淡であり、自国の利益のためには韓国を犠牲にしかねないことを知るべきである。それはTHAAD(高高度ミサイル防衛システム)配備問題に対する韓国への執拗な圧迫から知ることができる。

関連記事

[ 2022年03月15日 08:03 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
結局、次の韓国政府は非情に脆弱だということです。
外交では、韓国はすべての周辺国から有形無形の圧力を掛けられるでしょう。
内政では、尹大統領当選者は、"壁の上"を行く政治バランスが要求され、
成果を出そうとすれば、八方美人的になるか、権威独裁的になるしかありません。
さて、どうなるでしょうか。
[ 2022/03/15 10:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp