韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  「バッテリー同盟」SKとフォード、欧州にも進出…トルコに合弁工場

「バッテリー同盟」SKとフォード、欧州にも進出…トルコに合弁工場

SKオンは14日、「米フォード、トルコ企業のコチと電気自動車バッテリー生産合弁法人の設立を推進する内容の了解覚書(MOU)を締結した」と明らかにした。米国から始まったSKオンとフォードの「バッテリー同盟」が欧州に事業領土を広げる格好だ。韓国バッテリー3社のうち自動車メーカーと組んで欧州に進出するのはSKオンが初めてだ。

今回3社がともに設立するバッテリー工場はトルコの首都アンカラ近くに作られる予定だ。ここではバッテリーに使われる正極材のニッケル含有量を90%以上に引き上げた「ハイニッケル三元系NCM(ニッケル・コバルト・マンガン)バッテリー」を生産する。生産規模は年間30~45ギガワット時。早ければ2025年から量産を開始する。主に商用車に搭載されるバッテリーを生産する予定だ。

今回のMOU締結でSKオンはフォードとの協力関係をさらに強固にした。SKオンは昨年フォードとともに設立した合弁法人ブルーオーバルSKを通じ米国最大のバッテリー合弁工場設立に着手している。2030年までにバッテリー容量240ギガワット時確保計画を明らかにしたフォードはこのうちの相当部分をSKオンから調達する予定だ。

スポンサードリンク
これらとともにトルコ合弁法人に共同投資を決めたコチはトルコ最大の財閥だ。1959年にフォードとともにフォード・オトサンを設立し商用車を生産している。昨年の売り上げ3467億リラ(約2兆7412億円)、雇用11万人を記録した。トルコ企業では唯一フォーチュン・グローバル500に入っている。
https://japanese.joins.com/JArticle/288786?servcode=300§code=320

2022-03-15-k005.jpg

韓国電池大手SKイノベーションは14日、米フォード・モーターとトルコ財閥大手との3社合弁でトルコのアンカラ近郊に車載電池工場を建設すると発表した。年間生産能力は30~45ギガワット時を想定しており、早ければ2025年に量産を始める。主に欧州のフォードグループの完成車工場に供給する。30~45ギガの電池容量は、一般の電気自動車(EV)で50万~75万台分に相当する。トルコ新工場の投資金額は2000億~3000億円規模にのぼるとみられる。3社の負担比率は今後詰めるという。

フォードはトルコで地元財閥のコチ・ホールディングとの合弁会社「フォード・オトサン」を持ち、主に商用車を年間45万台ほど生産している。SKとフォードが米国での電池合弁を設立したのに続けて、トルコではコチ社を連合に加えて電池供給能力を高める。世界的なEVシフトを背景にSKは米国と中国、ハンガリー、韓国で増産投資を続けている。21年末の年産能力40ギガから、25年には220ギガに引き上げる計画を持つ。フォードと米国で建設を進める合弁2工場では計129ギガの生産能力を確保する。さらに30年には生産能力を500ギガに高めて「車載電池世界一を目指す」(SK)としている。

関連記事

[ 2022年03月15日 08:26 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp