韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  国際 >  ロシア艦艇6隻、日本周辺海峡通過して東海に進入

ロシア艦艇6隻、日本周辺海峡通過して東海に進入

ロシア軍艦が14日にも日本の宗谷海峡と津軽海峡をそれぞれ通過した。先月24日のウクライナ侵攻後、日本周辺でロシアの軍事活動が目立って増えている。

日本防衛省は14日、ロシア艦艇5隻が同日午前0時頃、日本の北海道とサハリンの間の宗谷海峡を通過し、日本海(東海(トンヘ))に進入したと発表した。防衛省は、午前9時にも青森県尻屋崎から約70キロ離れた海域でロシア海軍の兵器輸送艦1隻を確認したと明らかにした。同艦は本州と北海道の間の津軽海峡を通過し、東海に出た。10日と11日にもロシア艦船10隻が津軽海峡を通過し、東海に進入した。

読売新聞は15日付で、「日本や欧米各国が対露制裁を相次いで科す中、今後もロシアによる対抗措置とみられる動きが続く」ものとし、「中国とロシアが日本周辺で軍事協力を緊密化している」という日本政府の見通しについて報じた。

スポンサードリンク
一方、日本の航空自衛隊は同日、米空軍と共に10日に青森県三沢基地西側の東海付近でステルス機能を備えたF-35A戦闘機の訓練を実施したと発表した。米日がF-35A戦闘機で共同訓練を行ったのは、同機が三沢基地に配備された2018年1月以後初めて。産経新聞は「ロシアによるウクライナ侵攻が継続し、日本周辺でロシア艦艇の動きが相次いで確認されている」とし、訓練を行ったのは「日米の結束を示す狙い」だと分析した。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/42851.html

2022-03-16-k001.jpg

防衛省は、ロシア軍がウクライナへの軍事侵攻と呼応する形で日本周辺でも活動を活発化させているとみて、航行の目的などを分析している。防衛省は、14日午前0時ごろ、北海道の宗谷岬の南東およそ130キロのオホーツク海をロシア海軍の艦艇6隻が航行しているのを海上自衛隊の艦艇が確認し、確認されたのは駆逐艦や潜水艦、それにミサイル観測支援艦などで、その後、宗谷海峡を通過して日本海に出たという。

ロシア海軍は先月以降、オホーツク海などで20隻以上が参加する大規模な海上演習を実施し、6隻はこの演習に参加していた。ロシア海軍の艦艇は今月10日から11日にかけて、合わせて10隻が津軽海峡を通過したのが確認されているほか、ロシア国防省は北方領土に配備された地対空ミサイルシステムの訓練を行ったと今月10日に発表している。防衛省は、ロシア軍がウクライナへの軍事侵攻と呼応する形で日本周辺でも活動を活発化させているとみて警戒・監視を行うとともに、艦艇の航行の目的などを分析している。

関連記事

[ 2022年03月16日 08:36 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp