韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  国際 >  露タンク攻撃ドローンなど…米国、ウクライナに8億ドル「特級武器」支援

露タンク攻撃ドローンなど…米国、ウクライナに8億ドル「特級武器」支援

米国のバイデン政権は16日(現地時間)、ウクライナに「カミカゼドローン」と対空および対戦車ミサイルなど計8億ドル(約950億円)規模の武器を追加で支援すると明らかにした。バイデン大統領はこの日、国民向けの談話で「私は大統領の権限を利用して、ウクライナがロシアの攻撃を防げるよう追加の安保支援を活性化し、8億ドルを追加で支援する」と述べた。

ホワイトハウスの軍事支援発表は、ウクライナのゼレンスキー大統領がこの日午前に米国議会でテレビ演説をし、ウクライナ上空の飛行禁止区域設定、または戦闘機など強力な地対空武器支援を訴えた後に行われた。バイデン大統領は「今回の新しいパッケージはウクライナに前例のない支援を提供するものだ」とし「ウクライナ軍が自国民を攻撃してきた(ロシアの)飛行機とヘリコプターを阻止して領空を防御できるよう800機の対空ミサイルシステムが含まれた」と述べた。

ホワイトハウスはスティンガー対空ミサイルシステム800基、ジャベリン対戦車ミサイル2000基を含む9000基の対機甲攻撃武器、戦術無人航空機(TUAV)100機、機関銃・小銃・拳銃など7000丁、小火器弾薬および迫撃砲弾2000万発、身体保護装具2万5000セット、ヘルメット2万5000個など支援目録を発表した。

スポンサードリンク
ウクライナを飛行禁止区域に指定してほしいというゼレンスキー大統領の要求には応じず、ロシアの空中戦を防御するための武器支援を中心にした。中でも「カミカゼドローン」と呼ばれる攻撃用小型ドローンが目を引く。かばんの中に入るほど携帯が容易で、作動させるための訓練が必要ない一方、殺傷力は大きい先端武器だ。

ワシントンポスト(WP)は米高官を引用し、ロシア地上部隊に深刻な被害を与えることができる武装ドローンを初めて含めるなど、ウクライナに提供する武器の規模と範囲を拡大したと報じた。米政府当局者は「新しい支援パッケージには『スイッチブレード』無人機100機が含まれるが、この無人機は爆発物を載せてカミカゼ方式で目標物に衝突する小型無人航空機」と説明した。
https://japanese.joins.com/JArticle/288947?servcode=A00§code=A00

2022-03-09-k003.jpg

米情報当局はニュース報道、ウクライナ側発表(13万5000人)、ロシア側発表(498人)、衛星写真、映像などを分析してこのような推定値を発表した。例えば、米情報機関はすでにタンク1台に搭乗する人員を知っているため、対戦車ミサイルに撃たれて燃えるロシアタンクの映像に基づいて戦死者数字を推測したとしている。 ロシア軍戦死者が7000人発生し、過去20年間イラクとアフガニスタンでそれぞれ戦死した米軍数字を合わせたものよりも多いとしている。米国防総省は単一部隊の死傷率が10%に達すれば、戦闘任務を遂行できない状態と判断するとした。

中央日報は、ロシア軍の苦戦を報じているが、結果ロシアがウクライナを中立国とすることで折り合いを合わせるとみる。ロシア国家の安全を考慮すればウクライナは重要だ。特には米国の思惑で加速した戦争でもある。世界の警察から離脱した米国は、武器輸出国一位を維持しつつも、世界の統制をとるだらけの力は今は無い。米国の戦略は、アジア地域を不均等にする。本来日本が間に入り統制をとるのが望ましいのだが、今の日本政府にその力は無い…。 次は中国と日本の可能性も考慮する必要がある…。

関連記事

[ 2022年03月18日 08:43 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp