韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  国際 >  ロシア、ひとまずデフォルト回避したが…国家信用格付け「CC」にまた降格

ロシア、ひとまずデフォルト回避したが…国家信用格付け「CC」にまた降格

ロシアがひとまずデフォルト(債務不履行)危機を回避した。満期になった国債利子をドルで返済しながらだ。だが、返済の必要がある利子が今月だけで6億ドル以上残っていてデフォルトを回避できるかは依然として不透明な状況だ。

ロイター通信など外信は17日(現地時間)、西側の経済制裁で国家デフォルト危機に直面したロシアが債権投資家に利子を支払ったと報じた。前日ロシアが16日に満期のドル建て国債の利子1億1700万ドル(約140億円)をドルで支払ったと主張したことが事実であることが確認された。ロシアの為替取引銀行であるJPモルガンは「ロシア政府が国債の利払いのために送金したものを処理して支払代理人のシティグループに入金した」と伝えた。シティグループはこの資金を確認した後、債権者に入金したことが分かった。

実際に「利子をドルで受け取った」という債権者も相次いだ。当初、国際金融界ではロシアのデフォルトを既成事実化していた。国際銀行間通信協会(SWIFT)からの締め出しなど西側の経済制裁のために借金を返済しにくい状態だからだ。しかし予想とは違い、ロシアは今回の1次危機は乗り越えた。目の前の火は消したが、今後行く手にはいくつもの峠が待ち構えている。ロシア国債の債務不履行リスクが依然として大きいためだ。この日のロシアの利払いにも信用下落を食い止められない様相だ。

スポンサードリンク
国際格付け機関スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は17日、ロシアの国家信用格付けを従来「CCC-」から「CC」に1段階低くした。3日「BB+」から「CCC-」に一気に8段階降格し、それから2週経過してさらに追加で下げた格好だ。CCは「制限的デフォルト」等級だ。S&Pはロシアが投資家に期日に利子を支払ったものの「技術的困難」があり、デフォルトの危険が大きい点を理由に上げた。S&P側は「今後数週間、ロシアの外貨表示国債利払いは同じような技術的困難を強いられるだろう」と伝えた。
https://japanese.joins.com/JArticle/288973?servcode=A00§code=A00

2022-03-19-k005.jpg

ロシア政府は16日が期日だったドル建て国債の利払いを完了し、デフォルト(債務不履行)をひとまず回避した。デフォルトとなり、長期にわたって国際資本市場に復帰できなくなるリスクを重くみたとみられる。もっとも、国債の元利金の返済は続き、払い続けられるかなお予断を許さない。制裁が続く以上、外貨の獲得能力は低下し、信用力の回復も難しい。

先進各国がロシア中央銀行の外貨準備を凍結しているために、外貨での国債の利払いや償還が難しくなっているとして、凍結措置が解除されない限り、ルーブルで支払いを行うと、直前までロシア政府は説明していた。仮にロシア政府が方針を変えたのであれば、それはデフォルトを回避したかったためだろう。

主要格付機関にデフォルトと認定されれば、ルーブル建ても含めて国債の価格はさらに下落する。それはロシア国内での長期金利上昇をもたらし、経済に打撃を与える。また、国債のデフォルトはルーブルの信認低下に直結し、ルーブルの下落を加速させる。それは、貿易活動に打撃を与え、また、国内物価の上昇を通じて経済に悪影響を与える事になる。

関連記事

[ 2022年03月19日 08:32 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp