韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  LG、TV用ディスプレイで世界シェア1位を奪還

LG、TV用ディスプレイで世界シェア1位を奪還

Gディスプレイは、OLED(有機EL)パネルの販売増加を受け、テレビ用ディスプレイ市場で世界シェアトップの座を取り戻した。
市場調査会社オムディアが21日に発表した資料によると、LGディスプレイの昨年第4四半期のTV用ディスプレイのシェア(売上高基準)は23.8%で、中国メーカーのBOE(20.6%)を抜いて1年ぶりにトップに浮上した。LGディスプレイは、2020年第4四半期までは同市場で首位を保ってきたが、昨年第1四半期にBOEに首位の座を奪われて以来、同年第3四半期までは2位に止まった。

LGディスプレイのプライド回復は、プレミアムTV市場で有機EL基盤の製品販売が大幅に伸びた影響とみられる。昨年第4四半期に同社の有機ELテレビパネルの販売台数は230万台で、2013年に量産を開始して以来、初めて四半期ベースで200万台を突破した。昨年の年間販売量は前年に比べて65%増えた740万台だった。

オムディアは、今年も同市場でLGディスプレイの売上シェアが23.9%で1位を維持すると見通した。LGディスプレイも、今年は従来の有機ELに比べて画面の明るさを30%高めた新製品「OLED.EX」を発売し、テレビ用有機ELパネルのラインアップに最小型の42インチと最大型の97インチの製品を加えて、市場を主導する計画だ。

スポンサードリンク
一方、有機ELテレビ市場には現在、ソニーやパナソニック、バング&オルフセン、フィリップス、JVCなど、グローバル20社以上のブランドが進出している。これらの企業の大半は、LGディスプレイから有機ELパネルの供給を受けている。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/42917.html

2015-02-26-lg.jpg

中国の情報技術(IT)電子関連の各企業が液晶表示装置(LCD)の低価格物量攻勢で掌握してきたテレビ用ディスプレイ市場で、韓国企業が有機発光ダイオード(OLED)パネルを前面に出して世界1位を奪還した。21日の市場調査機関オムディアによると、LGディスプレイの昨年第4四半期のテレビ向けディスプレイの売上げは約1兆8千億ウォンで、市場シェア23.8%を記録。昨年第1~第3四半期に中国BOEに1位の席を差し出してから3四半期ぶりに1位を取り戻した。

BOEは昨年の第4四半期は市場シェア20.6%を占め、2位に上がった。オムディアは今年もLGディスプレイが年間シェア23.9%で1位を続けるだろうとした。今年の第1~第4四半期連続で、LGディスプレイのシェアは22.6%、23.5%、25.3%、24.1%で1位を維持すると予想される。国内企業がテレビパネル市場シェア1位を取り戻すことができた理由は、OLEDテレビ製品の販売が急増し、売上げの上昇を牽引したためと解釈される。昨年第4四半期のOLEDテレビパネルの販売量は230万台で、四半期で最多販売量記録を更新した。

四半期の200万台販売を初めて超えた数値でもある。昨年の年間OLEDテレビパネルの販売量は前年比で65%ほど増加した740万台を記録した。今年、LGディスプレイのOLEDテレビパネルの年間販売量は1001万台だろうと観測される。全世界のテレビ市場は需要が減少し、ピークアウト(頂点をとって下落気味)が本格化する様相だが、高級品中心のOLEDテレビ市場は着実に成長している。オムディアによると、1500ドル以上のプレミアムテレビ市場のなかでのOLEDテレビのシェアは、売上げを基準にして2019年の26%から今年は42.1%まで増えるとしている。

関連記事

[ 2022年03月22日 07:50 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp