韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  国際 >  4月初めまでまた27億ドル…「ロシアデフォルト」懸念

4月初めまでまた27億ドル…「ロシアデフォルト」懸念

「デフォルト(債務不履行)危機からはいったん抜け出したが、依然として火種は残っている」 ロシアが今月16日(現地時間)に満期になった外貨建て国債の償還にひとまず成功したが、デフォルトの危険は依然として残っている。償還期限が差し迫った外貨建て国債が少なくないためだ。専門家らは、ロシアの返済能力や意志、経済制裁の中で返済金がきちんと届くかどうかなどに注目している。一部ではデフォルトが発生した場合、世界金融市場に少なからぬ混乱を招きかねないという警告も出ている。

21日付の「ブルームバーグ」によると、ロシアがドルやユーロなどで返済しなければならない外貨建て国債の償還期限は、21日(現地時間、6563万ドル)と28日(6563万ドル)、31日(6563万ドル)の予定だ。今月だけで返さなければならない元利金が6億1千万ドルを上回るわけだ。来月には一日(4日)で21億2938万ドルを償還しなければならない。

問題はロシアが持っているドルなど外貨流動資産が負債の返済額に遠く及ばない点だ。デフォルトの懸念が消えないのも、そのためだ。ロシアは6千億ドルを超える外貨準備高を持っているが、その大半は西側の金融制裁で使えない。金融専門家らは、ロシアが直ちに使えるドルなどの現金は300億ドル水準だとみている。

スポンサードリンク
NH投資証券のシン・ファンジョンFICCセンター長は本紙の取材に対し、「2014年クリミア半島併合以後に発行されたロシア国債には代替条項がある」とし、「3月末に償還期限を迎える国債の一部には代替条項があるが、4月初めが償還期限の国債には該当条項がない」と述べた。

むしろ一部ではロシアがデフォルトを「選択」する可能性もあるとみている。「故意のデフォルト」の可能性だ。先月末から強化された西側諸国の金融封鎖のため、ルーブルの暴落や信用格付けの引き下げなどデフォルトに準ずる経済的困難をすでに経験しているため、ロシアが西側債権者に被害を与える目的でわざと返済せず、「足を引っ張る作戦」に出る可能性があるということだ。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/42916.html

2022-03-01-k002.jpg

ロシア政府は16日期限のドル建て国債の利払いを履行し、国債デフォルトをひとまず回避した。だが、欧米の経済制裁でドル資金が不足するなか、年内に40数億ドルの外貨建て国債の元利払いを控えている。ロシア政府が今後も外貨での支払いを履行し続けるか、米国政府が元利払いに関連した業務まで制裁対象に含めるかは不透明で、ロシアのデフォルト・リスクは消えていない。今月末と来月初に控えるドル建て国債の元利払いが次の要注意日程となる。

今後の国債償還スケジュールを確認すると、21日と28日に期限を迎える1億6800万ドルのドル建て国債の利払いは、約款上、ルーブル建てでの支払いが認められているものとされる。次にデフォルトのリスクが高まるのは、金額が大きくルーブル建ての支払いが認められていない31日に期限を迎える4億4700万ドルのドル建て国債の元利払いと、4月4日に期限を迎える21億2900万ドルのドル建て国債の元利払いだ。

16日期限の利払いを履行した後も、ロシアは2022年中に合計で46億ドルの外貨建て国債の元利払いを控えており、このうち41億4000万ドルはルーブル建ての返済が認められていないものとされる。枯渇するドル資金を使って、今後もロシア政府がドル建ての返済を続けるかは不透明で、外貨建て国債のデフォルト・リスクが消えた訳ではない。ロシアの返済履行を受け、ロシア国債のCDSスプレッドがやや縮小したものの、引き続き高止まりしている。

関連記事

[ 2022年03月22日 08:00 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp