韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国社会 >  韓国保健当局「ステルスオミクロン株急増の影響で、流行のピーク遅れる可能性」

韓国保健当局「ステルスオミクロン株急増の影響で、流行のピーク遅れる可能性」

オミクロン株の下位系統である「BA.2」、別名「ステルスオミクロン」の韓国国内での検出の割合が急速に増え、流行のピークが予想より遅れる恐れもあると防疫当局が予想する。

鄭銀敬(チョン・ウンギョン)疾病管理庁長は21日の中央防疫対策本部定例会見で、「オミクロン株のうちBA.2の割合が増加し、(専門家用)迅速抗原検査で陽性を認めることになり、流行のピークまでの期間が遅くなり規模が大きくなる可能性がある」と明らかにした。鄭庁長は「国内・国外感染事例の大部分がオミクロン株と確認され、細部系統に対する遺伝子分析結果で感染力がより強いBA.2の検出率が国内事例では41.4%、海外流入事例では56.9%に増加した」と説明した。

中央防疫対策本部によると、3月第3週の国内主要変異株検出率はオミクロン株が99.99%で事実上100%に達した。オミクロン株の中でもBA.2の検出率はこの4週間で10.3%から41.4%と急上昇する傾向だ。海外流入事例のうちBA.2検出率も同じ期間に18.4%から56.9%と過半数を占めた。3月第3週の新型コロナウイルス危険度は3週連続で全国、首都圏・非首都圏いずれも「非常に高い」と評価された。

スポンサードリンク
防疫当局はBA.2の急速な感染拡大傾向に加え、この日から私的会合の人数をこれまでの6人から8人に増やすことにした社会的距離確保緩和措置、新学期の登校拡大などが流行に影響を与えるとみている。

当局は最近ワクチン接種率が停滞状態を見せている状況で、療養病院・療養院での集団感染事例と60歳以上の高齢層、基礎疾患者、ワクチン未接種者などの脆弱階層で重症患者と死亡者が持続して増加していると懸念している。
https://japanese.joins.com/JArticle/289036?servcode=400§code=400

2022-03-22-k003.jpg

アメリカでは新型コロナウイルスの症例が大幅に減少し、過去7日間における1日あたりの新規入院者数が6,400人とパンデミックの発生以来最も低い水準を記録。1月中旬には1日あたり約3万人が入院し重症者が急増するなど深刻な状態が続いていたが、長いピークを脱し感染状況は落ち着きを取り戻しつつある。新規感染者の大幅な減少により、CDC(アメリカ疾病予防管理センター)はマスク着用に関するルールを2月下旬に緩和。すでにアメリカ国内49州で屋内におけるマスク着用義務が撤廃され、最後の1州となっているハワイでも3月25日を以て同措置が終了となる。

こうしたなか、感染症の専門家らはヨーロッパで“ステルスオミクロン株(BA.2)”の症例が急増している。アメリカでも同様の傾向が発生する恐れがあり、強い懸念を表明している。特にイギリスではBA.2の急拡大がみられ、新規感染者の3割が同株による症例であると説明。マスク着用義務やワクチン接種証明書の提示などの規制が撤廃されたことも、感染者の増加に繋がっていると指摘している。

関連記事

[ 2022年03月22日 08:27 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp