韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  日本政治 >  参院選へ蠢き始めた自民党 精力的な動きが際立つ安倍元首相

参院選へ蠢き始めた自民党 精力的な動きが際立つ安倍元首相

最近、安倍晋三元首相のエネルギッシュな言動が際立っている。3月14日夜、安倍氏の呼びかけで自民党の麻生太郎副総裁、茂木敏充幹事長の3人が2時間余の会食に及んだ。東京・渋谷の高級フランス料理店「シェ松尾・松濤レストラン」。自宅に近い麻生氏が利用することが多い。3氏の会食は昨年12月22日以来だ。

あまりアルコールをたしなまない安倍氏だが、ワインはグラスで2杯程度。昨年来、ウイスキーの美味さに目覚めたとかでサントリーの「山崎」を水割りで飲むこともある。派閥の領袖(りょうしゅう)である実力者会談では、夏の参院選(6月22日公示・7月10日投開票)に向けて各選挙区と比例代表の情勢分析、さらには直近のウクライナ情勢をめぐり意見交換したという。一方の岸田文雄首相である。岸田首相、麻生氏、茂木氏の3者会談は2月以降だけでも、同10日午後(党本部)、14日夕(同)、21日夕(同)、3月7日夕(国会内の幹事長会議室)の4回行われている。

安倍氏は今月10日、日本とマレーシアの外交関係樹立65周年式典に、首相特使として首都クアラルンプールを訪れた。岸田首相はその前日夕、衆院議員会館内の安倍事務所を訪れた。岸田首相はマレーシア訪問への謝意を表すと同時に、激動のウクライナ情勢など外交助言をもらったと記者団に語った。だが、時間はわずか20分だった。

スポンサードリンク
安倍氏はクアラルンプール滞在中の11日にイスマイル・サブリ首相と会談、アブドゥラ国王夫妻を表敬、12日には日本の経済成長を手本とするマレーシアの「東方政策」導入記念講演も行った。そして、安倍氏は帰国後の15日午前、首相官邸を訪れて岸田首相に報告した。こちらも約20分。

14日午後には、ラーム・エマニュエル駐日米大使が安倍事務所を訪れている。安倍氏は同大使との会談で、ウクライナ情勢、対北朝鮮・中国など外交全般について意見交換し、改めて日米同盟の強化で一致したという。他方、永田町では菅義偉前首相の言動に耳目が集まっている。菅氏は15日夜、菅前政権を支えた二階俊博元幹事長、森山裕総務会長代行、林幹雄元幹事長代理と会食した。場所は東京・麻布十番の「ふぐ武」である。
https://www.zakzak.co.jp/article/20220322-JELNR4SFBFJKLB3CA2PLLTAQS4/

2012-12-17-abe.jpg

日本では左派メディアを中心に、安倍氏の発言を「便乗」などと批判していたが、米ウォールストリート・ジャーナルをはじめ、国際社会では高く評価されている。プーチン氏と同様、東アジアの独裁者らが暴走した際、「核抑止力」が非常に重要になることを理解しているのだ。そこに、「平和ボケ」した「お花畑論」など存在しない。

安倍晋三元首相は2月末に出演したテレビ番組で、「核抑止の議論」の必要性を訴えたなかで「核共有」について紹介している。世界の政治は戦勝国が今もなお強く支配的である。敗戦から抜け出しつつある日本とて、今だ軍備や防衛においては米国傘下となる。自国防衛においての核共有は、ロシアや中国と言う核保有国に対するけん制となる。

核戦争は世界を破滅させるが、自国防衛と言う部分での核保有は、北朝鮮を見えれば解る。結局核保有国にはかなわないという事だ。安倍氏の各共有は米国利用と言う部分で、アイデア的には良いだろう。今の現政権では米国傘下をより明確にした動きにしか見えない。如何に米国を活用するかは、日本外交の重要課題となる。今回のウクライナ戦争も米国と欧州からなる米国同盟による思惑からと考えれば、米国を活用しないと、日本とて戦争に巻きこまれる可能性が増す。

アジアのリーダー国として、米中ロを含め、大国間をまとめる国としてのリーダーシップを発揮してほしいものであるが…。

関連記事

[ 2022年03月22日 08:57 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp