韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  ポスコ、アルゼンチンのリチウム事業に40億ドル投資

ポスコ、アルゼンチンのリチウム事業に40億ドル投資

韓国鉄鋼大手ポスコグループは22日、電気自動車(EV)用の電池素材として世界的に需要が高まっているリチウム資源を確保するため、アルゼンチンの塩湖に40億ドル(約4830億円)を投資すると発表した。年間10万トンの水酸化リチウムを生産する体制を整える。ポスコは当初、8億3000万ドルの投資を検討したが、リチウム価格の高騰を受け、投資額を大幅に増額したという。

ポスコグループは2018年、アルゼンチンのオンブレムエルト塩湖の一部権益を取得し、3年かけて現地生産に必要なインフラの構築とデモプラントの検証を進めてきた。23日には年産2万5000トンの水酸化リチウムプラントの起工式を行う。 起工式に先立ち、崔正友(チェ・ジョンウ)ポスコグループ会長は21日(現地時間)、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスの大統領宮殿でアルベルト・フェルナンデス大統領、連邦政府のマティアス・クルファス工業生産開発相と会談し、ポスコグループとアルゼンチン政府による二次電池素材事業の協力計画について話し合った。

崔会長は「今年は両国の国交樹立60周年を迎える年であり、今回の着工式がより意義深いと考えている」とし、「ポスコグループはアジアの鉄鋼企業初めて『カーボンニュートラル(炭素中立)2050』を宣言。リチウム・ニッケル・水素事業に事業領域を拡大し、環境にやさしい未来素材企業を目指している」と述べた。

スポンサードリンク
フェルナンデス大統領は「ポスコグループがアルゼンチンの塩湖に先手の大規模投資を行い、リチウムを直接生産することに感謝する。事業が早期に成果を上げ、事業規模も拡大するよう、インフラ構築や許認可など政府があらゆることを積極的に支援する」と応じた。ポスコグループは同日、アルゼンチン政府とリチウムプラント増設および正極材生産に関する協力を進める内容の覚書を交わした。現在アルゼンチンはリチウム埋蔵量ベースで世界4位、生産量は世界3位だ。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/03/23/2022032380001.html

2022-03-23-k001.jpg

ポスコグループは、2018年に確保した塩湖で生産したリチウムを原料に、バッテリーの核心素材である正極材まで生産するバリューチェーンを構築し、北中米市場を集中攻略する計画だ。ポスコグループは21日(現地時間)、アルゼンチン政府とリチウム工場の増設や陽極材生産のための業務協約(MOU)を交わした。 協約を受け、ポスコグループは現在、年2万5000トンの生産を目標に設立を推進している水酸化リチウム工場の規模をさらに拡大することにした。ポスコグループが、計画中の最終生産能力は年間10万トンに達する。

増設などに必要な投資規模は、40億ドル(約4兆9000億ウォン)と推定される。ポスコグループは、生産したリチウムを活用し、正極材まで現地で生産する案も検討している。ポスコグループの関係者は、「リチウム原料から陽極材につながるバリューチェーンを構築し、年内に検討を通じて増設および陽極材市場進出の可否を決定する方針」と説明した。

関連記事

[ 2022年03月23日 08:43 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp