韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国政治 >  韓国次期大統領の政策協議代表団 米へ出発=「韓米同盟正常化へ」

韓国次期大統領の政策協議代表団 米へ出発=「韓米同盟正常化へ」

韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期大統領の「政策協議代表団」が3日、米ワシントンに向けて仁川国際空港を出発した。団長を務める朴振(パク・ジン)国会議員は記者団に「尹氏の韓米同盟正常化に向けた意思を米政府や議会にしっかり伝える」と述べた。また、訪米の目的について「韓米関係を強固な基盤の上に再び載せられるよう土台を築くため」と強調した。

朴氏らは米政府や議会、シンクタンクをはじめ、官民の主要関係者と面会し、両国が政策の連携を通じて韓米同盟を再建し、包括的な戦略同盟を構築するため協議を行うという。 尹氏は大統領選中に、文在寅(ムン・ジェイン)政権で韓米間の調整不足により見解の相違や意思疎通の不足が浮き彫りになったと批判し、同盟の正常化を訴えていた。 代表団は北朝鮮核問題や米中の覇権争い、韓米日3カ国協力、サプライチェーン問題など幅広い課題について米側と戦略的な調整を行うとみられる。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/04/03/2022040380017.html

スポンサードリンク
韓国のユン・ソギョル次期大統領は、国会議員や専門家などで構成する代表団をアメリカに派遣することを決め、一行は、3日、仁川空港からワシントンに向けて出発した。具体的な日程は明らかにされていない。代表団は、5泊7日の日程でアメリカ政府や議会、それにシンクタンクの関係者らと面会し、ミサイルの発射を繰り返す北朝鮮への対応や米韓同盟の強化などについて意見を交わすとみられる。

2022-04-04-k002.jpg

また、代表団には日本や中国についての専門家も含まれており、冷え込んでいる日韓関係や中国への対応をめぐっても議論される。ユン氏側は「実質的で専門性を備えた責任のある主要人物と会う」と説明していて、バイデン大統領と面会するのかも注目される。ユン氏が外国へ代表団を派遣するのはこれが初めてとなる。先月の大統領選挙で当選した直後にもバイデン大統領と電話で会談するなど、アメリカとの関係を重視する姿勢を強調している。

関連記事

[ 2022年04月04日 08:17 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp