韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスンが「Self-Repair Program」を発表…端末を自分で修理可能

サムスンが「Self-Repair Program」を発表…端末を自分で修理可能

サムスンは、米国のGalaxy S20シリーズ・S21シリーズ、並びにGalaxy Tab S7シリーズユーザー向けに、端末をユーザー個人で修理できる「Self-Repair Program」を発表した。 このプログラムでは、ユーザーがサムスンから直接端末の部品を購入できるようになり、端末を修理サービスに出すことなく、自身で修理することが可能。

また、端末の精密な分解レポートで有名なアメリカの修理企業「iFixit」との提携により、修理に必要となるツールや修理ガイドも提供されるとのこと。 このプログラムの具体的な開始日や部品・修理ツールの価格など、詳細は発表されていないが、サービス開始時には、先んじてディスプレイ、背面ガラス、充電ポートの交換用部品が利用可能になる模様。また同社は、将来的に最新のGalaxy S22シリーズなど、このプログラムを利用できる端末を徐々に拡大していくとしている。

サムスンの「Self-Repair Program」は、Appleが昨年11月に発表した自己修理プログラムに続くものとなる。ただ、Appleの提供している自己修理プログラムは、あくまで「電子機器を修理する知識と技術を持つ技術者」が対象と明記されており、一般のユーザーが自身で修理することは困難とされていた。

スポンサードリンク
一方、今回発表されたサムスンのプログラムでは、公式発表時点ではそのような表記は確認できず、さらには「iFixit」との提携によって修理に必要な知識や手順・さらにはツールまで用意される。
https://news.samsung.com/us/samsung-self-repair-program-ifixit-customer-first-care-experience/

2022-04-04-k005.jpg

サムスンは認定店舗での端末修理や、技術者が家を訪問しての端末修理など、複数の修理サービスを提供しているが、新たに、ユーザーが自分でパーツを購入して端末を修理できるようにするサービスの提供を開始することを発表した。サムスンによれば、このプログラムはデバイス修理コミュニティ・iFixitと協力して実施するもので、純正の交換パーツ、修理ツール、わかりやすい修理マニュアルがユーザーに提供されるとのこと。

提供されるパーツはディスプレイ・アセンブリ、背面ガラス、充電ポート。交換した使用済みパーツはサムスンに送付するとリサイクルに回される。対象端末はGalaxy S20ファミリー、Galaxy S21ファミリー、Galaxy TabS7+で、Galaxy S22ファミリーは含まれていないが、今後、対象は拡充される予定だ。なお、この種の施策では、2021年10月にMicrosoftが、2021年11月にAppleが、それぞれパーツやツールの提供・販売を決定している。

関連記事

[ 2022年04月04日 08:33 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp