韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国社会 >  韓国国民の70%が、「経済と外交・安保で日米と協力するべき」

韓国国民の70%が、「経済と外交・安保で日米と協力するべき」

2022年4月4日、韓国・アジア経済によると、韓国国民の10人中7人が「経済と外交・安全保障分野において北朝鮮・中国・ロシアより米国・日本と協力しなければならない」との考えを示した。

記事によると、全国経済人連合会(全経連)は4日、韓国国民1000人を対象に「尹錫悦(ユン・ソクヨル)新政権へ求める経済と外交・安全保障政策」について調査した結果を公開した。 それによると、経済分野で「米国・日本と緊密に協力しなければならない」との回答は68%だった。一方「北朝鮮・中国・ロシアと緊密に協力しなければならない」との回答は4.3%にとどまった。外交・安全保障分野で「米国・日本と緊密に協力しなければならない」との回答も69.5%に達したという。

また、74.9%が「韓国と日本の政府が関係改善のため努力する必要がある」との考えを示した。元徴用工問題の解決方法については「日本から謝罪を受け、日韓企業の共同基金から賠償する」が50.4%で最も多かったという。

スポンサードリンク
新政権が最優先に協力するべき国としては、86.8%が「米国」を選んだ。中国に関しては、主要な対立問題について「韓国政府が堂々と立場を表明するべき」との意見が多かった。さらに、米国、中国、日本に対する好感度を問う質問(10点)では、米国が7点、日本が3.7点、中国が3.2点だったという。
https://www.recordchina.co.jp/b892032-s39-c30-d0191.html

2022-04-04-k002.jpg

韓国民の10人中約9人は、尹錫悦次期政府は米国と最優先に協力すべきとした。「中国に対し堂々とした立場を表明すべきだ」「日本との関係改善のため努力すべきだ」という回答も、それぞれ80%と70%以上だった。全国経済人連合会が、成人男女1000人を対象に先月24~28日「国民の望む新政府の経済外交安保政策」を調査した結果、86.8%が「米国と最優先に協力すべきだ」と答えた。つづいて北朝鮮5.0%・中国3.2%・EU2.1%・日本1.4%の順で、「米国との協力」が北朝鮮・中国に比べ圧倒的に多かった。

経済分野では「米国・日本と緊密な協力をすべきだ」という回答が68.0%である一方、「北朝鮮・中国・ロシアと緊密な協力をすべきだ」という回答は4.3%にすぎなかった。また「徹底した中立を維持すべきだ」という意見は27.7%。外交・安保分野では「米国・日本と緊密な協力をすべきだ」という回答が69.5%、「徹底した中立を維持すべきだ」という回答は24.4%、「北朝鮮・中国・ロシアと緊密に協力をすべきだ」という回答は6.1%。「韓国と日本政府が、両国関係改善のため努力する必要がある」ということに、74.9%が同意した。

関連記事

[ 2022年04月05日 07:57 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp