韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  国際 >  ロシア軍による民間人虐殺、ブチャに続きモティジンでも確認

ロシア軍による民間人虐殺、ブチャに続きモティジンでも確認

世界中に衝撃を与えた「ブチャ大虐殺」に続き、キーウ(キエフ)西方の都市モティジンでも民間人の遺体が相次いで発見され、ロシア軍が占領地で広範囲にわたって民間人虐殺を行った可能性への懸念が現実のものとなっている。国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」も緊急報告書を発表し、ロシア軍の様々な戦争犯罪を告発するウクライナ人の証言を紹介した。

ウクライナ当局は4日(現地時間)、キーウから西に45キロメートル離れたモティジンで、この町の指導者と妻と息子が死亡した状態で砂に覆われているのをを確認した。ウクライナ内務省のアントン・ヘラシチェンコ顧問は、ロイター通信に「ロシア占領軍が町の指導者オルハ・スヘンコとその妻、25歳の息子を拷問して殺害した。占領軍は一家がウクライナ軍に協力していると疑い、ウクライナ軍の砲台の位置情報を要求して拷問した」と述べた。

死亡したスヘンコ氏の息子の交際相手の女性は、一家が先月23日、ロシア軍に捕まったと証言した。同日午前、スヘンコ氏の自宅を捜索したロシア軍が数時間後に再び戻って、家族をどこかに連れて行ったという。一家はその後、砂に覆われた遺体で発見された。

スポンサードリンク
同通信は、モティジン郊外の破壊された農場からも、遺体がいくつか発見されたと報じた。遺体はほとんど砂に覆われており、そのうち1体の頭にはテープが巻かれていた。別の農場で発見された遺体は縛られたまま井戸に投げ込まれていた。モティジン市議会代表のバディム・トカール氏は、遺体の周辺に地雷が埋設されたかも知れないため、これまで遺体を収拾できず、そのままにしておくしかなかったと語った。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/43063.html

2022-04-06-k001.jpg

ロシアに対する国際的な怒りの声が高まっている。一方、ロシア政府は、残虐行為はウクライナがでっち上げたものだと主張している。ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は4日、ロシア軍が離れた後に多数の民間人の遺体が見つかった、首都キーウ(ロシア語でキエフ)近郊のブチャを訪れた。大統領はロシアに対して強い怒りをあらわにした一方、ロシアとの和平協議は継続する考えを表明した。

ロシアと和平協議を続けることが可能かと言う記者の質問に、「可能だ。ウクライナには和平が必要だからだ。私たちは21世紀のヨーロッパにいる。外交および軍事による努力を続ける」と答えている。

関連記事

[ 2022年04月06日 07:45 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp