韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  韓日参加するG7・NATO外相会合、7日に開かれる…ロシアの制裁とウクライナへの支援策を協議

韓日参加するG7・NATO外相会合、7日に開かれる…ロシアの制裁とウクライナへの支援策を協議

ロシアの制裁とウクライナへの支援策を協議するため、今月7日にベルギーのブリュッセルで北大西洋条約機構(NATO)と主要7カ国(G7)の外相会合が相次いで開かれる。ロシア軍のウクライナ民間人虐殺問題も議論されるものと見られ、韓国と日本は今回初めてNATO会議に出席する。

韓国外交部は5日、チョン・ウィヨン長官が今月7日に予定されているNATO及びパートナー国による外相会合に出席すると発表した。チョン長官はウクライナ事態や韓国とNATOのパートナーシップ、朝鮮半島問題などについて発言する予定だ。韓国の外相がNATO外相会合に出席するのは今回が初めて。

日本外務省も同日、資料を出し、林芳正外相が7日、主要7カ国(G7)とNATOの外相会合に相次いで出席すると発表した。外務省は「日本の外務大臣によるNATO外相会合への出席は初めて」とし、「欧州とインド太平洋地域の安全保障を切り離して論じることはできないとの認識のもと、ウクライナ情勢への対応のみならず、『自由で開かれたインド太平洋(FOIP)』との実現に向けた日・NATO間の連携強化を確認する予定」だと強調した。

スポンサードリンク
今回のNATO会合には加盟国(30カ国)のほか、アジア太平洋地域パートナー4カ国(韓国や日本、オーストラリア、ニュージーランド)やウクライナ、スウェーデン、フィンランド、ジョージア、欧州連合(EU)も参加する。NATOと主要7カ国の外相会合では、最近論議されているロシア軍のウクライナ民間人虐殺問題も議論されるものと見られる。ドイツやフランスなどの欧州諸国は、ウクライナのブチャ地域での民間人虐殺事件と関連し、ロシアに対する追加制裁が必要だという立場を発表した。米国も対ロ追加制裁を検討しているという。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/43061.html

2022-04-06-k003.jpg

米国務省は3日、ベルギーのブリュッセルで6~7日に予定される北大西洋条約機構(NATO)の外相理事会にあわせ、先進7か国(G7)の外相会合が開催されると明らかにした。ロシアのウクライナ侵攻を受けた対露制裁などについて意見交換する見通しだ。国務省によると、米国からブリンケン国務長官が出席し、NATO外相理事会で東欧の安全保障強化策やロシア対応、ウクライナ支援について議論し、G7では「追加的な協議を行う予定」としている。いずれの会議にも、日本から林外相が出席する。

NATOはアジア太平洋地域の友好国との協力強化を重視しており、会合には日本のほか韓国、オーストラリア、ニュージーランドも招待した。中国がロシアの制裁逃れを手助けしないよう対策を協議。東・南シナ海や台湾周辺で軍事活動を活発化させる中国の動向も話し合うとみられる。

関連記事

[ 2022年04月06日 08:04 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp