韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓国経済副首相「5~7月に油類税30%引き下げ…軽油の原油価格連動補助金支援」

韓国経済副首相「5~7月に油類税30%引き下げ…軽油の原油価格連動補助金支援」

韓国のホン・ナムギ(洪楠基)経済副首相兼企画財政部長官は5日「油類税引き下げ幅を30%に拡大し、軽油の原油価格連動補助金支援、車両用LPG販売賦課金30%減免などを5月から7月の3か月間にわたり施行する」と明らかにした

洪副首相はこの日午前、セジョン(世宗)市の世宗政府庁舎で開かれた物価関係長官会議で、「原油価格で苦しむ体感油類費用を下げるため、いわゆる“原油価格負担緩和3点セット”を準備し、迅速に施行する」と述べた。 物価高が続くと、政府は先月に続き2か月連続で物価関係長官会議を開き、対応策を議論した。同日、統計庁が発表した3月の消費者物価は、前年同月比4.1%上昇し、2011年12月(4.2%)以降10数年ぶりに4%台の上げ幅を記録。石油類価格は31.2%値上がりし、物価上昇の主な要因として働いた。

洪副首相は「ロシアのウクライナ侵攻などグローバル展開状況まで勘案すると当分の間、物価圧力が持続するという懸念が提起される」とし「政府交代期に綿密な物価動向モニタリングの中で物価の早急な安定のためにすべての政策力量を総動員して最後まで対応していく」と強調した。

スポンサードリンク
洪副首相はまた、「庶民生活支援のため、タクシー・小商工人などが主に利用する車両用LPG販売賦課金を5~7月の3か月間、30%(1リットル当たり12ウォン)減免する」と伝えた。 さらに「農畜水産物割引クーポンを4月にも引き続き支援し、需給ひっ迫が懸念される場合、白菜・大根など政府備蓄物量を活用した需給管理も強化する」とし「談合など不公正行為に対しては厳正に対応し、主要独占寡占分野の競争促進のための競争制限的規制改善なども積極的に並行していく」と述べた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/592e78695b2623319bc8b5c51928cd6c0bc738a4

2022-04-07-k001.jpg

先月の消費者物価が、10年ぶりに4%を超えた。ロシアのウクライナ侵攻などで原材料価格が高騰した.。結果、物価全般に影響を及ぼした。韓国政府も物価上昇の勢いはしばらく維持するとし、来月から油類税の下げ幅を30%まで拡大することにした。5日、統計庁が発表した「消費者物価動向」によると、3月の消費者物価は昨年同月比4.1%上昇。2011年12月(4.2%)以降、10年3カ月ぶりの最高値となる。消費者物価は、昨年4月から9月にかけて2%台を維持したが、昨年10月(3.2%)から3%台に上昇した。

4%の物価上昇は、石油類などの工業製品や外食などの個人サービスが牽引した。特に、石油類の価格は、前年同月比31.2%高騰した。ガソリン(27.4%)と軽油(37.9%)共に大きく値上がりした。石油類の3月の物価寄与度(1.32%)は、前月(0.79%)より0.53%ポイント増加した。先月、国際原油価格が1バレル=100ドルを超えて韓国国内のエネルギー価格が上昇し、工業製品などの物価全般に連続反応したものと見られる。

関連記事

[ 2022年04月07日 12:12 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp