韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  サムスン電子、第1四半期営業利益50.3%UP…「実績は過去最高、未来は…」

サムスン電子、第1四半期営業利益50.3%UP…「実績は過去最高、未来は…」

サムスン電子は7日、今年第1四半期(1~3月)の実績(連結基準)を暫定集計した結果、売上77兆ウォン(約7.8兆円)、営業利益14兆1千億ウォン(約1.43兆円)を記録したと明らかにした。だが、実績好調にもかかわらず、最近の「ゲーム最適化サービス」(GOS)論議に続き、企業の未来の収益源であるファウンドリ事業の競争力に疑問が提起されるなど「内憂外患」の危機に瀕しているという評価が出ている。

サムスン電子の今年第1四半期の売上は、四半期基準で過去最高値だ。昨年の第3四半期(7~9月)に初めて売上70兆ウォン(四半期基準)を超えて以後、3四半期連続で70兆ウォンを超える売上を継続した。昨年同期に比べ、売上は17.76%、営業利益は50.32%増加した。直前四半期(2021年第4四半期)に比べると売上は0.56%、営業利益は1.66%増えた。これに先立って発表されたFnGuideの集計(6日基準)にともなう市場展望値平均(売上75兆2565億ウォン、営業利益13兆1106億ウォン)を小幅ながら上回った。

電子業界では第1四半期がオフシーズンとされているが、ギャラクシーS22などの新しいスマートフォンの販売増加とデータセンターを中心とするメモリー半導体の絶えない需要などにより、優秀な実績を上げたと分析される。

スポンサードリンク
だがこの日、サムスン電子の株価は前日終値より0.73%(500ウォン)下落した6万8000ウォンで締め切られ、依然として“6万電子”を脱することができずにいる。米連邦準備制度(Fed)の緊縮行動などマクロ経済の不確実性の影響もあるが、世界の主要半導体企業との株価上昇率比較でも「異常信号」がみられるとの声がある。

ユジン投資証券のイ・スンウ研究員が4日に発表した報告書によれば、サムスン電子は最近5四半期(2021年~2022年第1四半期)の間に世界の主要半導体企業(16社)との株価上昇率順位で最下位圏に留まっている。この期間に台湾TSMCの累積株価上昇率は14%、クアルコムとインテルもそれぞれ2%ずつ上昇した。一方、サムスン電子は同じ期間に-14%を記録し最下位だった。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/43081.html

2022-04-07-k006.jpg

韓国のサムスン電子は7日、第1・四半期の営業利益が前年比約50%増加し、同四半期利益としては2018年以来の高水準になるとの見通しを示した。半導体に対する需要が底堅かった。第1・四半期の営業利益は14兆1000億ウォン(116億ドル)と予想。リフィニティブがまとめた市場予想は13兆3000億ウォン。

ケープ投資証券のアナリストは「サムスンの見通しが市場予想を上回ったのは、メモリーチップの出荷と価格が予想より良好だったためだろう」と指摘している。半導体価格は第1・四半期に下落したものの、アナリストによると、堅調な需要に加え、メーカーが投資に慎重な姿勢を示し、生産拡張が抑制されたことから、予想以上に底堅かった。これがサムスン電子の利益全体の約半分を占める半導体部門を支援したとみられる。

カウンターポイント・リサーチの試算によると、サムスンの第1・四半期スマートフォン出荷台数は7200万台と、前年同期比で約11%減少。最新の旗艦機種「ギャラクシーS22」の発表が例年より遅れたことが主に影響したとみられる。カウンターポイントによると、S22シリーズは2月下旬の発売後、最初の1週間の世界販売台数が前機種「S21」を約5割上回った。3月末までに出荷されたS22シリーズは600万台強で、予想並みという。

関連記事

[ 2022年04月08日 08:13 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp