韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国経済副首相「CPTPPは文在寅政府で申請」

韓国経済副首相「CPTPPは文在寅政府で申請」

韓国の洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官が8日、政府ソウル庁舎で開かれた第6回対外経済安保戦略会議の冒頭発言で「包括的および先進的なTPP協定(CPTPP)は現政府の加入申請、次期政権の加入交渉という枠組みで、追加の被害支援案と今後のアクションプランなどを最終的に点検する」と述べた。

洪副首相は「グローバル経済全般に成長力低下やインフレ圧力など複合的リスク要因が累積している」とし「開放型通商国家である韓国の経済構造上、対外経済安保イシューの重要性はいくら強調しても足りず、政府交代期の対応に一寸の隙や空白があってはいけない」と述べた。

続いて「政府は政府交代期に国民が不安を感じないよう、そしてリスク要因が浮上または累積しないよう、物価対応など核心の懸案について大統領職引き継ぎ委員会と緊密に協議してきた」とし「対外経済安保イシューについては空白が生じたり時期を逃したりしないよう細かく協議・調整して措置を取っていく」と話した。

スポンサードリンク
CPTPPはアジア太平洋地域11カ国が結成した多国間自由貿易協定で、2018年12月に発足した。その後、英国、中国、台湾なども加盟を申請している。韓国政府も加盟申請を進めているが、農水産業界が強く反発している。
https://news.yahoo.co.jp/articles/7d3c1548f356d5f651c15e12f7d3979e7bb29481

2022-04-02-k001.jpg

韓国の洪南基副首相兼企画財政相は昨年21月、「来年4月ごろ包括的·漸進的環太平洋経済連携協定(CPTPP)加入申請書を提出するのが目標」と述べている。CPTPPは、日本やオーストラリアなど太平洋近隣の11か国が加盟している多国間自由貿易協定(FTA)。文在寅政府の任期は来年5月9日まであるから、来年5月に提示した加入申請書の提出期限を4月に繰り上げたのは、CPTPP加入に向けた関連手続きをより早く進めるとしていた。

カギはCPTPP加盟に否定的な農畜水産業界の反発となる。農畜水産業界は、CPTPPの高い開放水準によって被害は避けられないとし、政府のCPTPP加盟推進に反対している。韓国農業経営人中央連合会をはじめとする農漁業団体は、「われわれが農畜産物基準関税撤廃率が96.1%に上るCPTPPに加入すれば、輸入産低価格農畜産食品が氾濫する恐れがあり、放射能汚染の可能性が高い福島産輸入も避けられない」と強く反対している。

関連記事

[ 2022年04月09日 07:49 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp