韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  三星電子、半導体技術など276件を中小企業に無償移転

三星電子、半導体技術など276件を中小企業に無償移転

三星(サムスン)電子は、保有している半導体など7分野の276件の技術を中小企業に無償で移転する。中小企業の競争力を高めることで、同伴成長を目指すという趣旨だ。

産業通商資源部(産資部)は10日、11日から来月13日まで「2022年、産業部と三星電子の技術の分かち合い」への参加希望企業を募集すると発表した。三星電子は今年、モバイル機器や通信・ネットワーク、半導体、ディスプレイなど7分野で計276件の技術を公開する。 技術の分かち合いは、大企業や公共機関などが保有している未活用技術を中小企業に無償で移転する事業だ。2013年から中小企業の技術競争力を高め、同伴成長を実現するということで始まった。昨年までに計2402件の技術が、1043社に移転された。

一例として、自動心臓衝撃機(AED)の生産企業のA社は、三星電子から「ネットワーク上でのサービス共有」技術を無償で移転してもらった。これにより、世界で初めてモノのインターネット(IoT)基盤のAED統合モニタリング機器を開発し、優秀革新製品に指定された。

スポンサードリンク
技術の分かち合いを希望する中小企業は、産業部と韓国産業技術振興院のホームページに掲示された事業公告に従って申請すればいい。審議委員会の評価を通じて技術移転が確定すれば、無償で特許権などが移転される。産業部のノ・ゴンギ産業技術融合政策官は、「三星電子が開発した技術を活用して、中小企業が革新成長できる機会になるだろう」とし、「今年中に韓国電力公社やポスコ、SKグループなどが参加する技術の分かち合いも追加で推進する計画だ」と明らかにした。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20220411/3307480/1

2014-01-08-sam.jpg

サムスンエレクトロニクスが今年、276の特許技術を中小企業に無料で譲渡すると発表した。サムスンエレクトロニクスは5月11日に移管を開始し、5月13日に終了する。技術大手が未使用の技術を中小企業に移管するのはこれが初めてでは無い。産業通商資源部は2013年からこのような技術共有活動を行っている。サムスン電子を含む最大25の大企業が中小企業と技術を共有しており、合計で、1043の中小企業(SME)が昨年まで2402の特許技術を取得している。

今年7つのセクターで276の未使用の特許特許には、モバイルデバイスセクター向けの140テクノロジー、通信/ネットワークセクター向けの45テクノロジー、半導体向け34テクノロジー、ディスプレイ向け27テクノロジー、家電向け15テクノロジー、医療デバイス向け10テクノロジー、オーディオ/ビデオ向け10テクノロジーが含まれる。昨年では、505の特許技術を地元の中小企業と共有した。213のモバイル技術、68の半導体技術、68のディスプレイ技術、45の電気通信技術、31の医療機器技術などだ。

今回移転される技術には、人工知能やスマートデバイスに関連する技術が含まれ、SMEがコンバージェンス製品または非対面サービスを開発するのに役立つことを期待しているとした。

関連記事

[ 2022年04月12日 08:31 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp