韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  韓国-UAE 6兆ウォン規模の通貨スワップを5年延長

韓国-UAE 6兆ウォン規模の通貨スワップを5年延長

韓国銀行が13日、アラブ首長国連邦(UAE)の中央銀行と6兆1千億ウォン(200億ディルハム・約54億ドル)規模の通貨スワップ契約を5年延長したと明らかにした。

通貨スワップは、外国為替危機など非常時に相手国に自国通貨を委託し、相手国の通貨やドルを受け取れるようにする契約。今回の契約の満期は2027年4月12日までで、両者間の合意により延長もできる。 韓国とアラブ首長国連邦は、相互の交易を促進し金融協力を強化するために2013年10月に3年満期で最初の通貨スワップ契約を締結し、2019年4月には同じ内容の契約を再締結した。

韓銀は「両国は通貨スワップが相互協力の強化に寄与してきたとの認識を共有した」として「安定的に維持するために契約期間を3年から5年に延ばした」と話した。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/43142.html

スポンサードリンク
韓国銀行(中央銀行)は13日、アラブ首長国連邦(UAE)中央銀行との通貨交換(スワップ)協定を延長したと発表した。限度額は従来通り6兆1000億ウォン(約6250億円)・200億ディルハムで、約54億ドル相当。期間はこれまでの3年から5年に延ばし、2027年4月12日までとした。

2022-04-14-k001.jpg

韓国銀行は「両国は通貨スワップが相互協力の強化に寄与してきたとの認識を共有し、これを安定的に維持するため契約期間を延ばした」と説明した。次の期限でも両国が合意すれば延長することが可能だ。今回のUAE・韓国間の通貨スワップが発動された場合、つまり韓国が通貨危機に陥り、外貨準備が枯渇するなどした際に、韓国銀行側の要請でUAEからディルハムを引き出すことになる。

韓国銀行は引き出したディルハムを米ドルなどの国際的に通用する通貨に両替する必要がある。UAE側はディルハムの価格が下落するのを防ぐために、米ドル売り・ディルハム買いの介入を実施する必要がある。したがって、UAEが韓国からの200億ディルハム(≒54.5億ドル)の引き出し要請に応じた場合、為替介入により、結果的には外貨準備が500億ドル前後減少する。結果、UAEは自国にとって不利になるような契約を締結したことになるが…。

関連記事

[ 2022年04月14日 07:54 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp