韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓国経済副首相、「今年の経済成長率は下がり、物価上昇率は上がる」

韓国経済副首相、「今年の経済成長率は下がり、物価上昇率は上がる」

スポンサードリンク


韓国のホン・ナムギ(洪楠基)経済副首相兼企画財政相は「ことしの経済成長率の展望値は以前よりも下がり、反対に物価上昇率の展望値は上がるだろう」ときのう(12日)予想した。

ホン副首相はこの日ソウルで、外国記者懇談会を開き「来週IMF(国際通貨基金)が世界経済展望(WEO)を発表する予定だが、予想としては世界経済はもちろん、先進国・開発途上国・わが国も含めた全ての成長率の展望値が下がるのではないかと思う」と語った。 つづけて「物価のインフレについては、今よりもっと高くなるという展望にならざるを得ないだろう」と分析し「政府の公式的な展望は、6月中旬に新政府が下半期の経済政策方向・経済政策基調を発表することで、新たに提示されるのではないかと思う」と付け加えた。

韓国政府は経済政策方向を発表し「経済成長率の展望値3.1%・物価上昇率の展望値2.2%」をそれぞれ明らかにしている。しかし、世界的供給網の支障やロシアによるウクライナ侵攻をはじめとした対外的な悪材料が続いている中、国内の消費物価が急騰したことで、先のような展望値は事実上、力を失った状況である。

スポンサードリンク

一方、企画財政部(財務省に相当)の発足以降「歴代最長在任の長官(大臣)」としてその名を残すことになったホン副首相は、退任後の計画についても言及した。ホン副首相は「経済にたずさわって37年間勤めてきたが、これまで務めてきた経済の領域において、年齢と経歴に照らし合わせて貢献できる分野を探さなければならないのではないかと思う」と語った。つづけて「私はあまり政治に傾倒しようという考えはない」と語った。
https://news.yahoo.co.jp/articles/ed6ae2837af3f98c572a3b277eeb6c69e993e333

2022-04-15-k001.jpg

IMF(国際通貨基金)は、ことしの韓国経済の成長率の見通しを3%に据え置き、年間の物価上昇率の見通しは0.9ポイント引き上げ、3.1%とした。IMFはまず、新型コロナウイルスのオミクロン株によりことし第1四半期の成長は一時鈍化する可能性はあるものの、補正予算などに後押しされて、ことしの成長率は3%になるだろうと見通しました。来年の成長率は、1月の見通しより0.1ポイント引き下げた2.8%とした。

韓国の輸出は技術分野を中心に堅調であるが、投資はサプライチェーンのボトルネックの解消により、第2四半期以降増加するとした。ただ、ことしの物価上昇率は、去年10月の2.2%から3.1%へと0.9ポイント引き上げた。ことし初めに物価の上昇を記録したあと、政策金利の引き上げやエネルギー価格の安定、サプライチェーンの回復などによってやや低下するとIMFは予想している。来年の物価上昇率の見通しは2.1%。対外的には、経常収支の黒字が一部縮小すると見通しだ。



関連記事

[ 2022年04月15日 07:43 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp