韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  国際 >  ASEANがEUを抜き再び中国最大の貿易パートナーに

ASEANがEUを抜き再び中国最大の貿易パートナーに

税関総署が13日に発表したデータによると、今年第1四半期(1-3月)には、中国とASEANとの輸出入額は1兆3500億元(約25兆6500億円)に達し、欧州連合(EU)との輸出入額は1兆3100億元(約24兆8900億円)だった。ASEANはEUを抜き、再び中国最大の貿易パートナーになった。新華社が伝えた。

今年1-2月には、ASEANとの輸出入額はEUとの輸出入額より30億元(約570億円)少なかったが、地域的な包括的経済連携(RCEP)協定の発効、地域の産業チェーンの安定回復、中国がASEANからの農産物輸入を積極的に拡大などの要因が総合的に作用し合って、中国とASEANとの貿易増加ペースが加速した。

同総署の李魁文(リー・クイウェン)報道官(統計分析司司長)は同日に国務院新聞弁公室で行われた記者会見で、「RCEPが正式に発効したのに伴って、新たな制度のボーナスが中国とASEANとの経済貿易往来をさらに緊密なものにしている」と述べた。データを見ると、同期の中国-ASEAN間の輸出入規模が中国とRCEPの貿易パートナーとの対外貿易全体に占める割合は47.2%になり、半分に近づいた。

スポンサードリンク
李氏は、「第1四半期に中国-EU間の貿易は全体として好調な発展情勢を維持した。一方で、中国の対EU輸出は電気機械製品が6割を占め、そのうち人が乗る電動車両、太陽電池、リチウムイオン電池などの新エネルギー製品がそれぞれ3.8倍、1.4倍、66.2%増加した」と説明した。李氏は続けて、「他方で、中国がEUから輸入する消費財の一部が増加を続けており、そのうち美容・化粧品とトイレタリー用品、カバン・スーツケース、乗用車、衣類はそれぞれ11.9%、6.6%、4.6%、3.6%増加した」と述べた。
https://www.recordchina.co.jp/b892625-s6-c20-d0189.html

2022-04-15-k003.jpg

2020年から中国が米国に代わり欧州連合(EU)にとって最大の貿易パートナーとなり、EUが中国にとって2番目の貿易パートナーとなった。中国税関総署の統計によると、22年1~2月にはEUが東南アジア諸国連合(ASEAN)を抜いて中国にとって最大の貿易パートナーとなった。 中国とEUの貿易額は21年に初めて8千億ドル(1ドル=約122円)を上回った。双方向投資は安定しつつ拡大し、累計2700億ドルを超えた。

両者の貿易構造の最適化が進み、航空宇宙やバイオ、オプトエレクトロニクス、電子などの分野で貿易が明らかに伸びている。経済・貿易交流が絶えず深まり、ハイレベル対話など各レベルの対話メカニズムが持続的に機能し、地方・企業協力プラットフォームが一段と充実した。中国とEUはデジタル分野で協力を絶えず強化し、越境電子商取引(EC)で目ざましい実績を上げた。EC大手アリババグループの物流子会社、菜鳥網絡(ツァイニャオ・ネットワーク)は欧州に7カ所の仕分けセンターを開業し、10万平方メートル以上の輸出品倉庫を運営している。

東南アジア10か国から成るASEAN(東南アジア諸国連合)は、1967年の「バンコク宣言」によって設立された。原加盟国はタイ、インドネシア、シンガポール、フィリピン、マレーシアの5か国で、1984年にブルネイが加盟後、加盟国が順次増加し、現在は10か国で構成されている。2015年に共同体となったASEANは、過去10年間に高い経済成長を見せており、今後、世界の「開かれた成長センター」となる潜在力が、世界各国から注目されている。2017年に設立50周年を迎えた。

関連記事

[ 2022年04月15日 08:34 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp