韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  「3高」に直面した韓国経済…米に歩調合わせるには年内に4回は利上げ必要

「3高」に直面した韓国経済…米に歩調合わせるには年内に4回は利上げ必要

米利上げに伴う衝撃波の懸念はますます高まっている。41年ぶりに8%台のインフレに襲われている米国が利上げペースの加速を予告しているからだ。米国の利上げは世界的に金融市場の縮小につながる。FRBのパウエル議長は1980年代初めに政策金利を19%まで引き上げ、オイルショックによる物価高を沈静化させたボルカー元議長のように「インフレファイター」になろうとしている。

FRBは5月、連邦公開市場委員会(FOMC)で通常の利上げ幅の2倍となる0.5%の利上げを行ういわゆる「ビッグステップ」を選ぶ可能性が高い。FRB内部ではハト派ですら、年内に政策金利を年2.25-2.5%まで引き上げるべきだと主張しているが、そのためには残された6回のFOMCでは毎回利上げを行い、2回はビッグステップを踏む必要がある。ビッグステップは2000年5月以降に一度もなく、年2回以上のビッグステップとなると、1994年が最後だった。それほどまれな措置と言え、今年のFRB発の嵐は世界経済に巨大な影響を与える見通しだ。

FRBの動きに対応するため、世界各国は利上げを急いでいる。13日にカナダ、ニュージーランドが同時に政策金利を0.5%引き上げた。両国ともビッグステップは22年ぶりだ。同日にはアルゼンチンも政策金利を引き上げたが、利上げ幅は2.5%に達した。

スポンサードリンク
FRBが今年、政策金利を2.25-2.5%まで引き上げるとすれば、韓銀は年内に残された5回の金融通貨委で4回は利上げを行い、米国と同水準の金利を維持する必要がある。韓国の金利が米国を下回れば、ドルを中心に資本流出が起きる可能性があるからだ。問題はそうした急激な利上げが景気の鈍化につながりかねないことだ。

韓銀の苦悩は深まらざるを得ない。延世大の成太胤(ソン・テユン)教授は「金利が急激に上昇すれば、家計と企業の金利負担が増え、雇用、投資、消費に支障が出る。漸進的に流動資金を減らす方向へと慎重な政策を取るべき局面だ」と指摘した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/c4ec05f25d6a77b27921e8e0f15ddaca4683add6

2013-12-16-wa.jpg

韓国銀行(中央銀行)は14日に行われた定例の金融通貨委員会で、政策金利を0.25%引き上げて年1.5%と決定した。利上げは今年1月以来の3カ月ぶり。政治的問題により韓国銀行の総裁ポストは空席のままだが、急速な物価上昇を考慮し、異例の追加利上げに踏み切った。一方、5月の次期政権発足以降は、地政学的リスクに加え、世界金融市場の動揺など不透明な要素が多く、韓国銀行のかじ取りは難しい。

金利引き上げについて、ウクライナ危機で原油や原材料価格の高騰が続き、企業の生産コストが著しく高まっているため、追加の利上げが必要との判断だ。韓国の3月消費者物価指数(CPI、2020年=100)は前年同月に比べて4.1%上昇し、11年12月(4.2%上昇)以来、10年3カ月ぶりの4%台を記録した。原油急騰を受けてガソリンなどの「石油類」(31.2%上昇)が全体を押し上げているものの、物価変動の激しい食品とエネルギーを除いたコア指数も2.9%上昇と伸びが目立つ。

関連記事

[ 2022年04月16日 07:49 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp