韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代自動車「アイオニック5」、18分間で完全充電…EV超スピード充電戦争

現代自動車「アイオニック5」、18分間で完全充電…EV超スピード充電戦争

「18分で終わる充電は最大の技術的クーデターだ」 米ニューヨーク・タイムズ(電子版)は今月8日、現代自動車の電気自動車(EV)「アイオニック5」の試乗記で同社の超高速充電技術をそう評した。アイオニック5と起亜自動車「EV6」は、800ボルトで充電が可能で、バッテリー残量10%の状態から80%まで充電するのに18分しか要しない。テスラの高速充電技術(400ボルト)よりも電圧が高く、充電所要時間はテスラのモデル3(40分)の半分に満たない。800ボルト高圧充電が可能な量産モデルを発表しているのはドイツのポルシェと現代・起亜自だけだ。

EVの最大の短所は充電時間だ。車種によって異なるが、バッテリーの完全充電には低速充電器で最大10時間、急速充電器で1時間半かかる。内燃機関車の給油は5分あれば終わるが、それと比べると充電時間はEVにとって最大の技術的限界と言える。その限界を克服するため、世界の自動車メーカー、バッテリー企業は充電時間を短縮するための技術開発を急いでいる。内燃機関車の給油並みの時間でEVの充電が可能になれば、ゲームチェンジャーとなり得るためだ。

スポンサードリンク
現代自、ポルシェ、GMなど韓国・欧米の自動車メーカーは800ボルト高圧充電による超高速充電技術の開発に力を入れている。一方、NIO(上海蔚来汽車)、吉利汽車などの中国メーカーは固体式バッテリー技術の開発とインフラ構築に取り組んでいる。長時間バッテリーを充電するのではなく、充電済みのバッテリーと交換する方式を選んだ格好だ。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/04/15/2022041580110.html

2022-04-17-k003.jpg

急速充電ステーションは、より強力な直流(DC)電流を供給することにより、最大7倍も速くEVを充電できる。最大400キロワットを供給する最速のDCステーションであれば、10分以内にEVの充電を完了できる。現在一部のAC充電ポイントでは10─12時間かかることを考えれば、大幅な改善となる。ガソリンスタンドに立ち寄る程度の短い時間で、再充電が可能だと分かれば、顧客もより長距離のドライブに対して安心感を抱くだろう、と開発側は期待している。

今のところ、欧州と米国では引き続きCCS、スーパーチャージャー、チャデモの規格導入が続いており、中国ではGB/Tが推進されている。プラグ形式をめぐる戦いで何が勝ち残るのか、判断は時期尚早のようだ。

関連記事

[ 2022年04月17日 08:04 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
嘘だろうな。
韓国人だし。
2年以内に大量リコールだろう。
[ 2022/04/17 15:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp