韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  日本政治 >  安倍元首相「中国の台湾侵攻の際、米国は軍事介入する意思を明確にすべき」

安倍元首相「中国の台湾侵攻の際、米国は軍事介入する意思を明確にすべき」

安倍晋三元首相が、ウクライナ戦争を契機に、中国が台湾を侵攻した場合に米国が防衛するという軍事的介入の意思を明確にしなければならないと主張した。

19日、フランスの日刊紙ルモンドには、「台湾に対する米国の戦略的あいまい政策は終わらせるべきだ」という安倍元首相の寄稿が掲載された。安倍元首相はこの文で、ウクライナと台湾をめぐる情勢の類似点と相違点を説明し、「米国のあいまい戦略は中国が米国の決議を軽んじる要因になる一方、台湾には不安を与えており、インド太平洋地域での不安定さを高めている」と指摘した。

安倍元首相は「中国はウクライナ戦争がどのように展開するかに関心を持ち、いつどのような条件で台湾を自国のものにできるかを考えている」と言及した。さらに「ロシアの侵攻後、米国はウクライナに米軍を投入しないと表明しており、台湾に対しては戦略的あいまいさを維持している」とし「米国の戦略的あいまいさは中国が軍事力の面で米国よりはるかに遅れている時代には非常に有効だったが、その時代はすでに終わった」と強調した。

スポンサードリンク
米国は1979年、中国と国交を結んで台湾と断交し、「台湾関係法」を制定して台湾に防御兵器を提供することで、中国の侵攻など有事の際には台湾を軍事的に支援できる法的基盤を設けた。しかし、米国が実際に軍事介入するかどうかについては肯定も否定もしない「戦略的あいまい政策」を維持してきた。

安倍元首相の寄稿は13日、米紙ロサンゼルス・タイムズにも掲載された。安倍元首相は17日、自民党の福島県連の会合でも、「米国の戦略的あいまい政策は危険だ。米国が台湾を防衛するという意思を示さなければならない」と主張した。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/43210.html

2012-12-17-abe.jpg

安倍晋三元首相が米紙で、中国による台湾侵攻時に米国が台湾防衛の姿勢を明確にすべきだと主張したことに対し、中国外務省の趙立堅報道官は15日の記者会見で「これに関わる日本の政治屋は台湾問題で特に言行を慎み、『台湾独立』勢力に誤った信号を発するのを防ぐべきだ」と非難している。

台湾メディアによると、安倍氏は米紙ロサンゼルス・タイムズでこのほど、ウクライナ問題を引き合いに出し、米国に台湾防衛の姿勢を明確にするよう呼び掛けた。趙氏は「台湾問題は完全に中国の内政であり、ウクライナ問題とは本質的な違いがある。いかなる比較もできない」と主張した。

もっとも日本とて厄介な立ち位置にある。日本の日米安全保障条約の見直しと合わせ、尖閣や沖縄を含め、日本が中国に攻撃された場合の対応は、米軍の動きは不明確だ。自国防衛の軍備を整えるだけでなく、法整備もしっかり実施すべき時期にきている。

関連記事

[ 2022年04月20日 07:59 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp