韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国政治 >  就任まであと20日…いまだに決まっていない尹次期大統領の住居

就任まであと20日…いまだに決まっていない尹次期大統領の住居

尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期大統領が陸軍参謀総長公館を臨時官邸として使用する案を取り消し、新しい候補地として外交部長官公館を有力に検討しています。就任をわずか20日後に控えた時点でも、公館だけでなく、執務室の細部計画さえ確定できず、混乱が続いています。執務室の移転を十分な準備もなく進め、就任後も瑞草洞(ソチョドン)にある尹次期大統領の自宅からの通勤がしばらく続くものとみられます。

政権引き継ぎ委員会のチェ・ジヒョン首席副報道担当は20日午後、引き継ぎ委のブリーフィングで、「警護や儀典、リモデリング期間、費用などを総合的に検討した結果、陸軍参謀総長公館が不合理な点が多いことが確認され、代案として外交部長官公館を検討しており、他の案も併せて検討中だ」と明らかにしました。当初、候補地として検討されていた漢南洞(ハンナムドン)の陸軍参謀総長公館は、警護及び儀典問題やリモデリングの期間などを考慮した結果、不適格とされ、昨年リモデリングした外交部長官公館がリモデリングの期間が短い点で、有力な代案に浮上したのです。

しかし、外交部長官公館に決まっても、現外務部長官が公館を使用しているため、尹次期大統領が来月10日の就任日に入居するのは難しいと思われます。引き継ぎ委のウォン・イルヒ首席副報道担当は、「たとえ最終的に外交部長官公館に(官邸が)決まっても、就任式に合わせて入居するのは難しいのではないかというのが常識的な推論だ」と述べました。

スポンサードリンク
結局、就任後も内部リモデリングのため、一定期間は瑞草洞の自宅から龍山(ヨンサン)の執務室に通勤するものとみられます。このため、大統領の通勤時間に信号の遮断など交通統制による交通混雑が発生し、市民の不便を招きかねないという指摘に対し、ウォン首席副報道担当は「交通統制を最小限に抑え、市民の不便を最小限にとどめるという原則は維持される」との原則的な立場を示しただけでした。就任後、大統領の自宅通勤は執務室移転の性急すぎる推進の象徴的な場面として残る見込みです。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/43220.html

2022-03-18-k003.jpg

一部のメディアは「5月10日に就任し次第、大統領府を開放する」と公言した尹次期大統領の考えに配慮し、文大統領は尹次期大統領の就任前日の9日、大統領府を離れる予定だと報じている。文大統領は9日午前0時まで現職大統領の地位を維持する。このため、一部では文大統領が5月9日に大統領府を出てソウルの某所で一夜を過ごした後、尹次期大統領の就任式に出席するというシナリオが提起された。

任期を終える大統領の最終日の居場所は歴代大統領ごとに異なっている。ノ・ムヒョン(盧武鉉)元大統領はイ・ミョンバク(李明博)元大統領の任期初日の朝を大統領府で迎えた後、就任式に参加した。 一方、私邸がソウルにあった李元大統領は任期最終日の午後に大統領府を出た。

関連記事

[ 2022年04月21日 08:15 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp