韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  日経新聞、「現代自アイオニック5、トヨタ・日産のEVより競争力ある」

日経新聞、「現代自アイオニック5、トヨタ・日産のEVより競争力ある」

現代自動車が電気自動車(EV)「アイオニック5」の日本発売を5月に控える中、日本の経済紙、日経新聞が20日、トヨタと日産のEVとアイオニック5を比較・分析した記事を掲載した。 同紙はアイオニック5の日本発売を伝えた上で、日本で販売されるアイオニック5の基本グレードについて、バッテリー容量が58キロワット時(kWh)、航続距離498キロメートル、価格は479万円だと報じた。上級グレードはバッテリー容量が72.6 kWhで航続距離618キロ、価格は519万円だ。

同紙は日本の自動車メーカー各社のEVと比べ、アイオニック5はバッテリー容量が少ないか同等でありながら航続距離で上回り、価格は安いと評価した。 例えば、日産が5月に発売する新型EV「アリア」はアイオニック5よりやや大きい容量66kWhのバッテリーを搭載するが、航続距離は470キロでアイオニック5より短く、価格は539万円でアイオニック5より高い。

トヨタが5月に発売するEV「bZ4X」は、容量71.4kWhのバッテリーを搭載するが、航続距離は559キロだ。バッテリー容量がほぼ同じアイオニック5の上級グレードより航続距離が60キロ短い。また、価格は600万円でアイオニック5より80万円高い。 日経は、アイオニック5が競争力のある航続距離を実現できた理由について、電動パワートレインに搭載されるインバーターの半導体に、次世代素材の炭化ケイ素(SiC)を採用したことだと分析した。従来のシリコン(Si)素材のトランジスタを搭載したインバーターに比べ、航続距離を最大5%延長できるという。

スポンサードリンク
特に、独インフィニオンテクノロジーズがアイオニック5に供給するSiCインバーターは、エネルギー消費量を69%削減でき、車両全体で見ると7.6%のエネルギー削減につながるという。 SiC半導体はシリコン半導体に比べて高コストで高級ブランドのEVに使われるが、アイオニック5がこのような素材を採用しながら競争力のある価格を実現できた理由について、日経新聞は、「日本ではオンライン販売によって販管費を低減したため」と分析した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/04/20/2022042080242.html

2022-04-21-k005.jpg

中国の自動車・バッテリーメーカー「BYD」は4月18日、第1四半期の純利益が前年同期比で最大300%の急上昇になる見通しだと発表している。同社は18日の提出書類で、2022年第1四半期の純利益が、6億5000万元から9億5000万元(約1億4800万ドル)のレンジになると述べた。前年同期の純利益は2億3740万元。

BYDは声明で、「マクロ経済の低迷やパンデミックの悪影響にもかかわらず、新エネルギー車の市場は急成長を維持した」と述べている。今年の第1四半期の新エネルギー車の販売台数は約29万台に達し、前年同期の5万4751台から423%増加したと同社は今月初めに発表していた。BYDの3月の新エネルギー車の販売台数は、10万4878台で、前年同期の2万4218台から、4倍以上増加した。

BYDの事業は、競合企業よりも多角的で、携帯電話の部品や太陽光発電パネルも製造している。同社の顧客にはデル、アップル、シャオミ、ファーウェイが含まれる。バークシャー・ハサウェイは、BYDの発行株式の7.7%にあたる2億2500万株を保有している。

関連記事

[ 2022年04月21日 08:23 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp