韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  トリプルパンチ食らう韓国経済

トリプルパンチ食らう韓国経済

世界的なインフレによる衝撃が広がる中、4月の貿易収支が先月に続き、2カ月連続の赤字に陥る可能性が高まり、韓国経済に危機感が高まっている。インフレ、世界的な景気低迷、貿易収支悪化など「警告灯」が相次いで点灯する状況だ。サプライチェーンの混乱、原材料価格の上昇を誘発する衝撃の震源地は大半が海外であり、対応が難しいことも問題だ。米国の利上げ加速、上海封鎖などによる中国の景気減速、ウクライナ戦争による国際的な原油価格、食料価格の上昇などが一度に押し寄せている。

世界経済の不安でドル高ウォン安が進み、輸入物価が上昇。インフレを加速させている。ウォン・ドル相場は3月初めに21カ月ぶりに1ドル=1200ウォンを割り込むウォン安となって以降、ウォン安状態が続いている。 世界的な信用格付け会社ムーディーズは21日、韓国の主権格付けの見通しを最上位圏の「Aa2」に据え置きながらも、「コロナ以降上昇した債務水準が高齢化で長期化しかねない」と指摘した。 主要企業は緊急戦略会議を開くなど、緊迫した様子だ。電気自動車向けバッテリー業者の調達担当社員らはほぼ全員が海外出張中だ。原材料価格が上昇する危機の中で海外の素材メーカーを訪れ、供給元に安定化を図るためだ。

スポンサードリンク
主な大企業の最高経営責任者(CEO)は最悪の状況を前提にしたシナリオとシミュレーションを作成し、対応策づくりを進めている。20日に緊急社長団会議を開いた現代重工業グループの権五甲(クォン・オガプ)会長は「これからの危機はこれまで我々が経験した危機とは次元が異なる可能性がある。予測不能の不確定要素が登場し、それが一気に押し寄せれば本当に大変なことになる」と述べ、系列企業のCEOに危機感を持つよう強調した。

現代重工業グループは最近、原材料価格の高騰が造船産業に与える影響などについて、神経を尖らせている。サムスン、現代自、LGなど他の大企業の経営陣も頻繁に緊急戦略会議を開いている。あるCEOは「外部の不確実要素に対し、影響を防ぐこれといった策がなく、被害の軽減に集中している」と話した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/04/22/2022042280064.html

2022-04-22-k001.jpg

今月1-20日の韓国の貿易収支は51億9900万ドルの赤字。1億1518億ドルの赤字だった先月に続き2カ月連続で貿易収支が赤字となる可能性が高i。半導体、石油製品などを中心に輸出が前年同期比17%増えたが、サプライチェーンの混乱とロシアのウクライナ侵攻によるエネルギー価格上昇で輸入が26%増え、赤字が拡大した。

また物価上昇を抑えるため、韓国銀行が政策金利を攻撃的に引き上げることもまた悩ましい状況となる。2年前のコロナ拡大以降、景気減速を防ぐために低金利を維持してきた上、借金をしてまで投資を行うことがブームとなり、家計債務が1900兆ウォン(約196兆円)に迫る水準にまで膨らんでいる。政策金利の引き上げで貸出金利が連鎖的に上昇すれば、金利負担が増え、困難に直面するローン利用者が増えかねない。

関連記事

[ 2022年04月23日 07:36 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
激戦区
記事では、出荷製品価格にはふれていないが、韓国の製品は
供給過剰製品が多いから、出荷価格に転化(値上げ)しにくい
のだろう。いや多少値上げしても原材料値上がりをカバー
できないのか。
[ 2022/04/23 19:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp