韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  現代アイオニック5と起亜EV6、ドイツの評価で1・2位

現代アイオニック5と起亜EV6、ドイツの評価で1・2位

現代自動車グループは24日、報道資料を出し、現代自動車のアイオニック5と起亜のEV6がドイツ自動車専門誌の比較評価で1、2位にランクインしたと発表した。 「アウトモーターウントシュポルト」(Auto Motor und Sport)が4種類のSUV電気自働車(EV)を対象に行った評価だ。

車体や安全性、快適さの7つの評価項目を適用し、アイオニック5やEV6、テスラのモデルY、フォードのマスタング・マッハ-Eなどを比較した。

アイオニック5は4項目で1位を占め、合計650点を獲得し、モデルY(586点)とマスタング・マッハ-E(566点)を抜いて総合1位になった。アイオニック5は、乗り心地や静粛性、仕様と関連した快適さ項目と、走行の安全性、制動距離、安全装備など安全性項目で最も高い点数を獲得した。同誌は「アイオニック5は直六面体の形にも滑らかで断固とした曲線走行を見せてくれた。機敏なハンドリングと豊かな空間も印象的だ」と評した。

スポンサードリンク
EV6はハンドリングや走行性能など走行挙動項目で最も高い点数を得た。合計636点で、総合2位を記録した。アウトモーターウントシュポルトは「滑らかだが誇張されず、正確性を備えたステアリングで素早い走行が可能な車」だと評価した。 「アウトモーターウントシュポルト」は「アウトビルト」(Auto Bild)、「アウトツァイトゥンク(Auto Zeitung)とともに信頼性の高いドイツの3大自動車雑誌の一つに挙げられる。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/43263.html

hyundai-1.jpg

現代自動車「アイオニック5」と起亜「EV6」がドイツのカー・オブ・ザ・イヤーの最終候補に上がったのが昨年10月。当時、現代自動車グループは、アイオニック5とEV6が「2022ドイツ・カー・オブ・ザ・イヤー」のニューエネルギー部門とプレミアム部門でそれぞれ1位に選ばれたと報じている。 自動車専門審査委員団はコンパクト(購入価格2万5000ユーロ未満)、プレミアム(購入価格最大5万ユーロ)、ラグジュアリー(購入価格5万ユーロ以上)、ニューエネルギー(電気自動車・水素電気自動車)、パフォーマンス(高性能)の5部門で1位を決めた後、最終的に1台をカー・オブ・ザ・イヤーに選定する。

アイオニック5は未来的なデザインと合理的な価格、革新的な充電技術で高い評価を受け、BMW「iX」、メルセデス・ベンツ「EQS」を抜いてニューエネルギー部門で1位となったとし、EV6はプレミアム部門で優秀な走行距離とダイナミックな性能を前面に出しフォルクスワーゲン「ID.4」、アウディ「Q4eトロン」、ベンツ「Cクラス」より高い評価を受けた。アイオニック5とEV6はともに現代自動車グループの専用電気自動車プラットホームをベースに製作され、自動車大国のドイツで認められた結果だ。

これに先立ちアイオニック5は英国の自動車専門評価サイト「カーバイヤー」で「ベスト・カンパニーカー」と「ベスト・ファミリー・エレクトリックカー」に選ばれている。英国メディアグループの自動車賞では「今年のベストデザインカー」と「今年の自動車革新」というタイトルを獲得している。

関連記事

[ 2022年04月25日 07:55 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp