韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  国際 >  ウクライナ南部まで攻め込むロシア、モルドバ領土まで狙うのか

ウクライナ南部まで攻め込むロシア、モルドバ領土まで狙うのか

ロシアのウクライナ侵攻が24日で2カ月を迎えた中、ロシア軍が23日(現地時間)、南部の拠点である港町オデーサ(オデッサ)にミサイルを発射するなど、攻撃地域を東部ドンバスと東南部マリウポリから南部地域に拡大しようとしている。これを受け、ロシアが当初目標としていた東部のドンバスを越え、南部海岸地域まで制圧した後、永久占領を目指しているという懸念が高まっている。

ウクライナ南部空軍司令部は同日、ロシア軍がオデーサにある軍事施設と民間人住居施設に対してミサイル攻撃を加えたと発表した。オデーサのゲナディー・トゥルハノフ市長はソーシャルメディアを通じて、ミサイル攻撃で少なくとも民間人8人が死亡したと明らかにした。同氏は「死者の中には生後3カ月の乳児もいる」とし、ロシアの民間人攻撃を強く批判したと、CNNが報じた。地元政府は破壊された建物から住民86人を救助し、現在も救助作業が続いていると説明した。

ロシア国防総省は、米国と欧州連合(EU)などが提供した兵器を保管しているオデーサの軍需物資保管施設を精密打撃して破壊したと発表した。ロシアは、この攻撃でウクライナ軍人200人が死亡し、軍車両30台が破壊されたと主張した。オデーサは黒海沿岸にあるウクライナの主要輸出入港で、ロシア軍が占領できなかった西部地域の主要都市。ウクライナ軍は市の東側のミコライウなどでロシア軍の進撃を阻止している。

スポンサードリンク
オデーサを狙ったロシアの相次ぐ攻撃に注目すべきなのは、ロシアが当初軍事作戦の目標として掲げていた東部ドンバスや、クリミア半島とロシア領土を結ぶ要衝地マリウポリなどに満足せず、黒海と面した南部地域全域を制圧する考えを示し始めたためだ。実際、ロシア軍中部軍管区のルスタム・ミネカエフ副司令官は22日、軍需業界のフォーラムでこれを示唆する発言をした。

ロシアのタス通信などによると、同氏はこの席で、「2日前に始まった『特別軍事作戦』第2段階で、ロシア軍の課題はウクライナのドンバス地域と南部地域を完全に統制することだ」とし、「ウクライナ南部の統制は、ロシア語を使う住民が抑圧されているトランスニストリアに進むもう一つの道だ」と述べた。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/43261.html

2022-04-02-k002.jpg

ウクライナは東をロシアに、西を欧州連合(EU)の国々に挟まれた、人口4千万人を超える国です。面積は日本の1・6倍、耕地面積は農業国フランスの1・8倍もあり、小麦などがたくさんできることから「欧州のパンかご」とも呼ばれる。13世紀のモンゴルによる侵攻などで、キエフ・ルーシは衰退。その後に栄えたモスクワがロシアを名乗り、キエフ・ルーシを継ぐ国と称しました。ウクライナは東スラブの本家筋ですが、分家筋のモスクワが台頭して大きくなった。

ウクライナの一帯はその後、さまざまな大国に支配され、1922年にソビエト社会主義共和国連邦(ソ連)ができると、ソ連を構成する共和国の一つとなりました。30年代にはソ連の圧制下で大飢饉(ききん)が起き、数百万人が亡くなったと言われている。 86年にはキエフの北約110キロにあるチェルノブイリ原発で事故が起き、広い範囲の人たちに深刻な健康被害をもたらしました。ソ連が崩壊した91年に独立を宣言。その後、国内では親ロシア派と親欧米派が対立を続けてきた。

「ロシア、そして国民を守るにはほかに方法がなかった」。ロシアのプーチン大統領は2月24日、攻撃開始を宣言する演説でそう述べました。親ロシア派の組織が占拠しているウクライナ東部で、ロシア系の住民をウクライナ軍の攻撃から守り、ロシアに対する欧米の脅威に対抗するという「正当防衛」の主張。 ロシアは、東西冷戦の時代からの西側諸国の軍事同盟である北大西洋条約機構(NATO)が自分たちを敵とみなしてきた経緯がある。

関連記事

[ 2022年04月25日 08:06 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp