韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  韓国銀行総裁が就任、インフレとグローバル課題に取り組む

韓国銀行総裁が就任、インフレとグローバル課題に取り組む

韓国銀行(中央銀行)は4月21日、李昌ヨン(イ・チャンヨン)新総裁の就任式のあいさつを公表した。同氏は、韓国経済の行方を短期的な視点と長期的な視点に分けて説明した。短期的な視点では、ロシアによるウクライナ侵攻やオミクロン株の影響など、長期的な視点では、デジタル・トランスフォーメーションや高齢化の影響などについて、語った。また、韓国経済が直面する課題の解決策としては、金融政策だけではなく、財政政策と構造改革が伴わなければならない点などを強調した。その概要を以下に紹介する。

短期的には、ロシアによるウクライナ侵攻の長期化、予想を上回るペースで進む米国連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策の正常化、オミクロン株の拡大にともなう中国の景気鈍化の可能性などにより、金融政策は難しさが増している。インフレ圧力が一段と高まる中、景気回復の勢いは従来の見通しより弱まることが予想される。成長と物価の間の相反(トレードオフ)関係が金融政策の運営をさらに制約しており、バランスを取りつつ政策運営していかなけなければならない。

長期的には、加速するデジタル・トランスフォーメーションに加え、グローバル化の後退の流れがポストコロナのニューノーマルとなる可能性が高まっている。新技術確保の競争、地政学的な経済のブロック化など、国・地域間の対立が深まり、国際情勢は複雑さが一段と増している。

スポンサードリンク
対外経済依存度の高い韓国経済がこうしたニューノーマルへの転換の過程で挑戦を乗り越え、一段と飛躍することができるか、あるいは高齢化と生産性の低下傾向が続き、長期停滞局面に陥ってしまうかは予測が難しい。また韓国経済が直面する課題に対処するためには、金融政策だけではなく、財政政策と構造改革が伴わなければならない。韓国銀行も、通貨・金融政策にとどまらず、直面する問題を精査し、韓国経済が進むべき正しい方向性について解決策を提示していかなければならない。

さらに、国内の課題に偏るあまり、国際社会の変化の大きな流れを見逃してはいけない。韓国銀行も他の中央銀行と同様に、デジタル経済、グリーン金融など、新たなグローバル課題を抱えている。中央銀行デジタル通貨(CBDC)では、それに関わる環境変化が決済インフラと金融政策の有効性に大きな影響を与えるだけに、われわれの生存がかかる問題ととらえ、徹底的に準備しなければならない。
https://www.jetro.go.jp/biznews/2022/04/3c7c972d58bda49e.html

2022-04-24-k001.jpg

韓国銀行の李昌新総裁は25日、今後の金融政策は主にデータで決まると述べている。ただ、現時点では経済成長よりもインフレが大きな懸念要因だとの認識も示した。最近のウォン安のペースについては、比較可能な他の通貨に比べてそれほど速くないとも述べている。総裁は「5月と7月も利上げが続くか判断は難しい。政策決定は経済データの状況に基づく」とした。

一方、韓国の文在寅大統領が21日、青瓦台で李昌ヨン韓国銀行新総裁に任命状を授与した。その後の歓談の場で、文大統領は現時点で最も重要な問題は物価の安定だとし、物価安定に焦点を当てながら成長も成し遂げるというのは難しい課題だが、しっかり取り組んでほしいと求めた。また、潜在的な脅威の要因である家計負債をきちんと管理し、不動産市場も安定させて調和を図ってほしいとも促した。

韓銀総裁は前任の李柱烈氏が3月末に8年間の任期を終えて退任し、4月1日から不在の状態で、国内では急激な物価上昇が続いており、 韓銀は14日、これを抑えるため総裁不在の中で政策金利を引き上げていた。

関連記事

[ 2022年04月26日 08:04 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
セクハラした俳優に似てる
[ 2022/04/26 12:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp