韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓日政策協議団、岸田首相と面会

韓日政策協議団、岸田首相と面会

尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期大統領が日本に派遣した「韓日政策協議代表団」が、日本の岸田文雄首相と面会した。尹氏と岸田首相が、1965年の修交以来最悪の状態で放置されている韓日関係を改善するという大きな方向に共感したことを示している。

韓国の政策協議代表団は、26日午前10時40分から約25分間、東京の首相官邸で岸田首相と面会し、韓日関係改善を望む尹氏の親書を手渡し、両国間の懸案問題などについて論議した。団長のチョン・ジンソク国会副議長は、面会後に韓国の記者団に「韓国と日本が、新たな出発点から過去を直視すると同時に、未来志向的な関係を構築しようという(1998年の)『金大中(キム・デジョン)・小渕』宣言の精神を継承し発展させようということに対して、日本の(岸田)首相も共感を示した」と述べた。尹氏の親書にも、そのような内容が記載されていることがわかった。

岸田首相も面会で韓日関係の改善を強調した。岸田首相は「ルールに基づく国際秩序が、今、脅かされている、こうした現下の国際情勢の中で、日韓、さらには日米韓、こうした戦略的な連携が今ほど必要なときはない、日韓関係の改善は待ったなし」だと述べたと、日本の外務省が明らかにした。中国の浮上、北朝鮮の核開発、ウクライナ戦争などにより、米国が主導してきた自由主義的な国際秩序が大きな挑戦に直面した状況において、すみやかに対立を収拾し協力を強化していくということで、両国の意見がまとまったわけだ。

スポンサードリンク
両国が関係改善のために相互に努力していくことで同意を得ただけに、来月10日に尹錫悦政権が発足すれば、対話チャンネルが本格稼動するものとみられる。韓日両政府は、比較的取り組みやすく、双方すべての利益になる問題から解決していく考えだ。チョン・ジンソク団長は「両国間の信頼回復が何より重要だ。そのためには、コロナ禍で中断した人的交流の活性化、そのための制度的改善が必要だという意見を伝え、岸田首相も共感を示した」と述べた。尹氏側は、2020年3月以降中断されている韓日相互ビザなし入国と金浦(キンポ)-羽田路線の運航再開問題などを、日本側と協議する予定だ。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/43280.html

2022-04-27-k003.jpg

韓国の尹錫悦次期大統領が日本に派遣した「政策協議代表団」に対し、日本側が岸田文雄首相との面会内容を首相官邸のロビーで説明しないよう事前に強く要求していたことが分かった。代表団側の消息筋が26日、伝えた。首相官邸のロビーは注目される人物が日本政府の要人との面会後に取材に応じる場として使われていることから、異例の要求と受け止められる。

韓国代表団はこの日、岸田氏との面会を終えてから首相官邸ロビーで待機する報道陣の取材に応じず、出口に向かった。両国の報道陣が追いかけて質問をすると、「望ましい対話を交わした」などと短く答え、首相官邸を出た。 日本政府は、韓国代表団との面会内容の公開を巡り、非常に消極的な態度を見せている。岸田氏、林芳正外相、萩生田光一経済産業相、岸信夫防衛相らとの面会の様子はメディアに一切公開されず、面会冒頭の双方の発言も非公開とされた。

関連記事

[ 2022年04月27日 07:55 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp