韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  物価高騰、金利さらに上昇=韓国

物価高騰、金利さらに上昇=韓国

金利と物価がさらに上がるとの心理が拡散している。住宅価格が値上がりするだろうとの期待は一層強まっている。

韓国銀行が27日発表した「2022年4月消費者動向調査結果」によれば、4月の金利水準展望指数は141で、前月より5ポイント上昇した。2008年の統計改編以後の最高値だ。昨年1月に100を突破した後、その年の9月には130を超えるなど着実に上昇している。この指数は、100より大きい場合には6カ月後の金利が調査時点より高いと予想する人がそうでないと見る人より多いという意味だ。全国2500世帯を対象に実施されるアンケート調査を基に作成される指数だ。

物価もさらに上がるだろうと見る世帯が多かった。今後1年間の物価認識を示す「一般人期待インフレーション」は、今月は3.1%で2013年4月以後最も高い水準まで跳ね上がった。期待インフレーションが上昇すれば、消費・投資・賃金決定などに影響を及ぼし、消費者物価をさらに引き上げかねない。

スポンサードリンク
韓国銀行のファン・ヒジン統計調査チーム長は「消費者物価、生産者物価の上昇率が高い水準であり、ソーシャル・ディスタンシングの解除とともに人々の活動が増えている点が(期待インフレーションに)影響を与えている」として「加えてウクライナ事態の長期化にともなうサプライチェーンの支障などに関するニュースにもしばしば接することから、消費者が今後の物価を高く予想したようだ」と話した。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/43291.html

2014-02-22-wa-1.jpg

大きくなる物価上昇圧力に期待インフレ率が9年ぶりの高水準を記録した。国際原油価格と原材料価格が連日上昇し物価を引き上げている。物価を抑えるため基準金利をさらに引き上げるだろうという見通しにもウエイトが置かれ金利見通しも過去最大水準となった。今月の期待インフレ率は3.1%を記録した。期待インフレが3%台を超えたのは2013年4月3.1%から9年ぶりだ。期待インフレ率は今後1年間の消費者物価上昇率に対する見通しとなった。

期待インフレ率が高まるのは内外の物価上昇圧力が大きくなる影響が大きい。今年初めに勃発したウクライナとロシアの全面戦争が長引いているところに、昨年から続く供給網不安もなかなか解消の兆しがないため国際原油価格と穀物価格など各種原材料価格が上がり国内物価を押し上げている。地政学的要素と国際供給網不安などで外食物価と燃料費などが全般的に上昇し、インフレ上昇を体感する消費者が増えている。今後物価上昇が続くだろう。

関連記事

[ 2022年04月28日 08:05 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
中国経済どうなる
1ドル1265.2ウォンで年間最安値を更新
April. 28, 2022
https://www.donga.com/jp/article/all/20220428/3344761/1

上海・北京封鎖措置加~中国経済減速~韓国経済へ逆風
[ 2022/04/28 18:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp