韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  現代車と起亜、ロシアで車両生産…現代は否定

現代車と起亜、ロシアで車両生産…現代は否定

現代自動車と起亜、そして中国の自動車メーカーがロシアで車両生産を続けていると、ロシアの現地メディアが報じた。しかし現代自動車は事実ではないとして否定した。

ロシアのデニス・マントロフ産業貿易相は28日、「(中国の自動車メーカーの)ハバルはもちろん、現代自動車、起亜が(生産量は)減少したものの、生産を続けている」と述べた。ロシア国営タス通信が伝えた。同紙は、マントロフ氏が「現代自動車はサンクトペテルブルクでも一部生産がある」と語ったと報じた。 2月24日のロシアによるウクライナ侵攻以降、ロシアに進出していた世界的自動車メーカーは相次いで操業を中止している。ルノー、トヨタ、BMW、日産、フォルクスワーゲンなどがロシアでの生産を中止している。ロシアの先月の乗用車と小型商用車の販売は前年同期に比べ62.9%減少している。

マントロフ氏はロシアでの生産を中止した外国自動車メーカーに対し、「5月末までに最終的な結論を下してほしい」と述べた。同氏はまた「外国企業が去る際には、現地参加者に経営権を譲渡した方がよいとロシアは考えている」とも述べた。

スポンサードリンク
ロシアによるウクライナ侵攻の前までは、現代車・起亜はロシア西部の域外領土カリーニングラードにあるロシアの自動車企業「アプトトル」に一部モデルの組み立て生産を委託しており、現代車はサンクトペテルブルクで自社生産施設も稼動させていた。しかし現代自動車は先月、サンクトペテルブルク工場の稼動中止を含めて生産を中止しており、ロシアメディアの報道については事実ではないと否定した。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/43305.html

2022-04-29-k003.jpg

現代(ヒョンデ)自動車·起亜(キア)の3月のロシア販売量が、昨年同期比で68%急減した。ロシアのウクライナ侵攻後、現地工場に部品供給が途絶えた。欧州企業家協会(AEB)によると、ロシアシェア2位の起亜(キア)の販売量は、昨年3月の2万57台から今年3月には6336台へと急落した。3位の現代自動車の販売台数も同期間、1万5332台から4909台へと低下した。両社とも68%の下げ幅を記録した。3月に入って戦争の影響が本格化したというのが会社側の説明だ。

現代自動車は、3月初めからサンクトペテルブルク工場を閉鎖した。現地部品調達に支障が生じたためだが、国際社会の世論も無視できなかったと業界は見ている。外資系証券会社は、ロシアで現代車の受難が長引くものとみている。CLSAは「現代自動車が年末まで工場を稼動できず、固定費の負担が、5470億ウォン(約547億円)に達する」とし、目標株価を27万9000ウオンから22万ウォンに27%引き下げた。

関連記事

[ 2022年04月29日 07:52 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
フム、最後まで残っていた自動車メーカーが中韓か。中国はわかるが韓国はねえ~。
露の侵略が始まった時、他社メーカーが軒並み撤退する中、韓国は利益独占できるチャンスだと鼻息荒くしてたはずだがw。ウクライナの悲劇より金儲け優先だ…多分、いまだに未練たっぷりだろう。

現代車は日本に再進出。米国では日本車もどきを装って販売できても、ここ日本ではそんなふざけたまねは通用しない。大きくはっきり韓国車と表示して売るんだよ。

良い車なら売れるという信念は日本車メーカーの共通姿勢だが、韓国車にはそれがない。カタログスペック詐欺をやらかして米国で訴訟まみれ。日本消費者は皆それを知っている。
日本メーカーが米国進出した時の涙物語と韓国の日本出し抜きゲス話とは天と地の違いがある。


[ 2022/04/30 21:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp