韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  台湾、米日と半導体同盟強化

台湾、米日と半導体同盟強化

最近、台湾の半導体メーカーが米国と日本で相次いで工場新設計画を明らかにしている。半導体素材・設備で最強の存在である米日がファウンドリー(受託生産)で最強の台湾にラブコールを送っている格好だが、台湾は半導体産業の競争力強化のみならず、経済安全保障を強固にする強力な「半導体三角同盟」の構築に乗り出している。

TSMCは今月21日、熊本県で9800億円を投じる半導体工場の建設に着手した。日本政府が投資資金の半分近い4000億円を補助金として支援する。日本の国会は昨年12月、先端半導体工場の新設・増設の際、費用の半分を支援できるよう法改正まで行った。ソニーとデンソーも出資し、24年から必要な半導体の安定供給を受けることにした。日本政府は「経済安保」を最大の話題の一つとし、供給難が深刻な半導体自立のため、TSMCの誘致を推進してきた。

26日には台湾3位のファウンドリー、聯華電子(UMC)が三重県の工場にデンソーと協業し、電力を制御するパワー半導体の生産ラインを新設すると発表した。UMCはデンソーが設計したパワー半導体の量産を来年から開始し、2025年までに12インチウエハーを月1万枚生産する。投資額は公表されていないが、日本経済新聞によれば、UMCも日本の経済産業省から補助金を受け取る。

スポンサードリンク
TSMCは20年、トランプ政権の積極的な求めに応じ、米アリゾナ州に120億ドルを投資することを決め、5ナノメートル製造プロセスのファウンドリー工場を建設している。TSMCは同工場で24年から12インチウエハーを月2万枚量産する。今後10-15年かけて工場5カ所を建設する計画も明らかにした。

半導体業界関係者は「米国は中国で工場を増やしてきたTSMCの技術が中国に流出することを懸念し、米国に工場を積極的に誘致してきた。台湾は中国からの独立のため、半導体技術をミサイルよりも大きな武器として活用しようとしている。米日台の利害関係が一致し、3カ国の経済同盟はさらに強固になっている」と述べた。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/04/29/2022042980042.html

2022-04-30-k002.jpg

半導体受託製造で世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)は、熊本県に日本で初めてとなる半導体製造工場を建設する。当初投資額は約70億米ドル(約8000億円)。ソニーグループ(G)が約5億ドルを出資するほか、日本政府から補助金を得る。新工場はソニーGが持つ熊本県菊陽町の画像センサー工場の近くに建設される。

2022年に着工し、24年末までの生産開始を目指す。これにより約1500人の雇用創出を見込む。工場の運営会社に対するソニーの出資比率は20%未満となる。製造するのは自動車などに使われる回路線幅22~28ナノメートル(ナノは10億分の1)のロジック半導体。月間生産能力は300ミリウエハー換算で4万5000枚を計画している。ソニーGは新工場から画像センサー用半導体などを優先的に調達する。

関連記事

[ 2022年04月30日 08:11 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
拠点のマルチ化
中国軍が台湾に侵攻してきたら工場が止まる、
という事態は想定内です。図面とレシピも
移しておいて、不測の事態に備える。

サムスンも事情は同じで、ファンダリの工場を
テキサスに作る。
[ 2022/04/30 19:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp