韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  世界半導体サプライチェーン、2025年頃に再編の分岐点

世界半導体サプライチェーン、2025年頃に再編の分岐点

主要半導体企業の投資計画と各国政府の支援の動きから、2025年頃グローバル半導体サプライチェーンが大きく再編され、市場競争が激化するという分析が出た。

産業研究院新産業室のキム・ヤンペン専門研究員は1日に発行した報告書「グローバル半導体プライチェーン再編の動きと政策的示唆点」で、「2025年」を「グローバル半導体サプライチェーン再編の起点」に挙げた。キム研究員は「主要国が半導体産業支援政策と支援法を積極的に推進しており、これはグローバルサプライチェーンの変化を予告する」とし、「インテルやTSMCなどグローバル半導体企業が自国またはインドやドイツ、日本などで半導体製造基盤を強化しており、ファウンドリ競争が激しくなるだろう」と予想した。

キム研究員は「半導体工場を建設するため今年着工に入る事例がかなり多い」とし、「工場建設に大概1~2年かかり、収率の安定化までさらに1年ほどかかることを考えると、完工は2025年前後だろう」と説明した。その代表例としてインテルやTSMC、サムスン電子の投資計画を挙げた。

スポンサードリンク
インテルは昨年9月、「今後10年間950億ドルを投資し、ドイツに新規工場を建設する」と発表したのに続き、今年3月、ドイツ中部ザクセンアルハント州マクデブルクに敷地を決め、着工を控えている。サムスン電子が米国に新たに建設する計画の半導体工場も、今年中に着工が予定されている。

サムスン電子は昨年6月、米テキサス州テイラー市に170億ドル規模のファウンドリの構築計画を発表し、今年上半期に着工して2024年に稼動を開始する予定だ。TSMは熊本県に22~28ナノ半導体生産工場を建設する計画だ。今年着工し、2024年から量産に乗り出す予定だ。昨年11月からはインドのニューデリーに75憶ドル規模の半導体工場を建てるための投資交渉を現地政府と行っている。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/43328.html

2022-04-25-k002.jpg

日本の誘致によって台湾TSMCがソニーグループとともに熊本工場を新設する。回路線幅は22~28nmになる。最新の回路線幅ではなく自動車向け。ただTSMCが進出するインパクトは大きい。半導体の入手先が国内に増えるのも経済安全保障上のメリットがある。なお、米Susquehanna Financial Group(サスケハナフィナンシャルグループ)のレポートによれば、半導体全般を発注してから入手するまでのリードタイムはこの2年で延び続けている。最新データの21年12月では26週ほどだ。参考に2020年1月は約13週だ。

この半導体不足のために、自動車各社が満足な生産ができずに販売実績を落としたのはよく知られる。半導体業界は、顧客企業があらゆるところに重複をいとわず注文しており、そのうちキャンセルされ製品がダブつくのではないかと逆に恐れているが、現状では品不足が続いている。一方、半導体各社は工場の稼働率を大幅に引き上げており、2020年第2四半期から2021年を通して、生産能力の90%以上で稼働している。 それでも供給と需要の乖離は大きく、今後6カ月は問題が続く見通しだ。

関連記事

[ 2022年05月02日 07:51 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp