韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  木の下に隠れたタンクも識別可能…民間偵察衛星でロシア軍を監視

木の下に隠れたタンクも識別可能…民間偵察衛星でロシア軍を監視

ウクライナ軍が激しい戦力の劣勢を克服し、ロシア軍に対抗するうえで「民間偵察衛星」が大きな役割を果たしている。地理情報の把握とイメージ制作など、商業的な目的を持つ民間衛星が今回の戦争を通じて軍事的効用を発揮しているのだ。

米紙ウォールストリート・ジャーナルは1日、商業用偵察衛星数百基が地球軌道を回っている中で勃発した今回の戦争で、衛星で収集した情報が米国やその同盟国を通じてウクライナに提供されていると報じた。一部企業はウクライナに直接情報を提供している。 民間偵察衛星の活躍は今回の戦争前から予告されていた。ロシアは戦争が差し迫っていた今年2月、兵力を撤退させると主張したにもかかわらず、装備を残し、タンク移動用橋を建設している場面が衛星写真で公開され、欺瞞戦術が効果を発揮できなかった。

民間衛星は軍事用偵察衛星に比べ、イメージ解像度など性能が落ちる。しかし、多基の衛星が収集した情報を総合すれば、ロシア軍の移動状況などを詳しく把握できる。民間衛星も曇りや夜間でも観測が可能なほどの性能を持っており、電子シグナルをとらえられるものもある。ウォールストリート・ジャーナルは、米安保関係者らの話として、民間衛星がロシア軍の追跡を助け、彼らの隠蔽能力を低下させることで、戦争の様相を変えていると報道した。民間衛星は避難民の移動把握と集団埋葬地の発見にも役立つ。マスコミに提供された衛星写真が破壊の様子を写し出すことで「心理戦」にも貢献している。

スポンサードリンク
米国防総省と契約した宇宙企業プラネット・ラボの最高経営責任者(CEO)ウィル・マーシャル氏は衛星200基が毎日とらえるウクライナの地上状況をまとめて提供していると述べた。MDAのCEOマイク・グリーンリー氏は、「ウクライナは雲が多く、夜間作戦も観察しなければならないため、(偵察が)困難なところだ」としながらも、自社の衛星は木の下に隠れたタンクも識別できると述べた。彼は地上状況を15分以内に画像で見ることもできると説明した。

ブラックスカイ・テクノロジーのCEOブライアン・オトゥール氏は、ウクライナをより詳しく観察するため、先月2日に打ち上げられた衛星の軌道を変えたと明らかにした。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/43338.html

2022-05-03-k001.jpg

現在、ウクライナの特定の地点の画像を得ようと思えば、1日に100回以上の頻度で得ることが可能だ。民間企業と20以上の国々の衛星がカバーしており、その間隔は短ければ数分、長くても1時間半程度だ。地上での何かの行為を 隠蔽いんぺい するということは不可能となる。

2001年のアフガニスタン戦争や03年のイラク戦争の当時は、民間衛星は少なく、地球上のどこでも多数の衛星で監視できるような状況ではなかった。かつては国家が独占していた軍事機密に近いような画像も、今は多くの人が目にすることが可能だ。今回、ロシアも米欧の側も、情報をコントロールすることはできなくなっている。

関連記事

[ 2022年05月03日 07:51 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp