韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  現代エレクトリックが月間過去最高の5000億ウォン受注

現代エレクトリックが月間過去最高の5000億ウォン受注

現代(ヒョンデ)重工業グループの電機電子機器とエネルギーソリューション系列会社である現代エレクトリックは1日、4月の1ヵ月間で電力と配電、ソリューションなどの事業で計5000億ウォンを受注したと発表した。これは現代エレクトリックの月間受注額では過去最高だ。

現代エレクトリックは、新再生エネルギー分野への投資拡大や米国、中東市場での受注回復ペースなどが好材料として働いた結果だと分析した。先月、米国ではエネルギー発電量基準の新再生エネルギー世界トップ企業であるネクストエラ・エネルギーから1600億ウォン規模の変圧器を受注した。中東でも昨年4月比433%増の800億ウォンの契約を結ぶなど、現代エレクトリックは先月、米国と中東だけで2400億ウォンを受注した。

現代エレクトリックの関係者は、「進んだ技術力と多様な製品ラインナップをもとに、市場シェアの拡大に全力を尽くしている」と話した。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20220502/3353068/1

スポンサードリンク
現代重工業グループの電気電子機器やエネルギーソリューション系列会社の現代エレクトリックが2017年の発足以来、月間最大の受注実績を記録した。現代エレクトリックは先月、電力および配電、ソリューション事業などで、計5000億ウォンを受注したと1日、明らかにした。特に、会社は先月、米国と中東だけで2400億ウォン規模の新規契約を締結し、高い実績を記録した。

2022-05-03-k005.jpg

最近は、米国NextEra Energy社から1600億ウォン規模の変圧器を受注することに成功した。NextEra Energyはエネルギー発電量基準の新再生エネルギー世界1位の企業で、現代エレクトリックは115kV~525kV級の超高圧変圧器を2024年から米国の太陽光発電所に順次的に供給する予定だ。 会社の海外主力市場である中東では昨年4月と比較し、433%が増えた800億ウォンの受注実績を上げた。

先月、サウジアラビアをはじめ、既存の顧客の超高圧電力機器の発注が続いており、原油価格の上昇で、投資動力を確保した中東周辺諸国から発電設備を受注している。 とはいえ低迷する現代自動車を含めて限界にきているようだ。

関連記事

[ 2022年05月03日 08:07 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp